しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】小栗旬主演『ミュージアム』かなり面白かった!カエル男VS刑事の結末は!?【映画感想】

f:id:sarapan2014:20161112134334j:plain

主演小栗旬の映画『ミュージアム』見てきました!

エンディングで原作漫画があることを知ったんで、原作はもちろん見てない感じです。

なので、原作に忠実に沿っているとか、結末が違うとかはわかりかねます。

 

純粋に映画だけの感想ですが、そうですね・・・全体的にはよかったんですが、

個人的にはちょっと刺激が足りませんでしたね。

これR指定はいってないのかな?

 

やっぱそのせいで描写が残念でした。

もちろん大友監督は全年齢を意識して、ルールの中で最大限に表現はしたと思う。

 

むしろR18でグログロでやったら絶対によかったと思う。

 

精神的なグロというかなんというか、まぁ若干そういうのはあったかもだけど、

なんか僕の心が荒みすぎててあかんかった^q^

 

ということでグロ度はさほどないです。

惨忍なくせにグロくないのがなんか残念でならない。。

 

でもほんと結論的な評価は5段階中4くらい上げてもいいかもしれない。

うん。最初から最後までワクワクしたし、デスノートなんかより全然面白かった。

 

小栗旬の演技が凄すぎて

途中笑いそうになった

 

全然笑うところじゃないんだけど、追い詰められた小栗旬が志村けんみたいな声になるとこあって、ちょっとやばかった。

マジですげぇ演技だと思った。

言うだけのことはあると思った。

 

f:id:sarapan2014:20150427093207p:plain

「褒めてるの!?けなしてるの!?」

 

とまぁ、睡魔で倒れそうなのと、朝4時前に起きてヨシヒコの感想書いた割に全くアクセス伸びてなくて腹立たしいけどネタバレ行きます( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

スポンサーリンク

 

 

まず物語の主人公である沢村久志(小栗旬)は警視庁捜査一課一係の巡査部長。

態度の大きさから警部補くらいかと思ってたらそうでもないんだなw

 

物語冒頭、散らかり果てた自室から始まる。

沢村は刑事という仕事柄、忙しい日々を送り妻・遥(尾野真千子)と息子をないがしろにしてきた。

 

溜まりに溜まった不平不満は突然爆発した。

彼女にとって突然ということはないのだろうけど、沢村にとっては本当に突然のことだった。

 

妻は息子を連れて家を出てしばらくが経っているようだな。

仕事に追われ、後片付けも手がつけられないせいか、ゴミ屋敷になっている。

 

そんな中、部下からの着信で目を覚ました沢村。

事件の幕開けである。

 

第1の事件:ドッグフードの刑

雨の降りしきる中、現場に到着すると沢村の部下・西野純一(野村周平)が吐いていた。

やれやれ、相変わらずだなと呆れながら、現場のトンネル?に入っていく沢村。

 

入り口付近で吠える犬が檻に入れられていた。

 

沢村はちゃんとしつけておけ!と怒鳴るが、これが凶器だというのだ・・・

犬を確認すると、口周りが血で汚れていた。

 

沢村が奥に進むと、はりつけにされた無残な遺体がそこにはあった。

どうやら犯人は、腹を空かせた犬3匹を解き放ち、被害者を食べさせたようだ・・・。

かなりドギツイらしいが、詳細な描写はなされなかった( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

後に解る事だが、これ被害者は女性なんだよね・・・

かなりえげつないころしかたをしやがる・・・

 

その後、犬を保護した病院から連絡を受け、胃の中からおかしなものが見付かったというのだ。

 

それは血に染まった一枚の紙切れ・・・

そこには『ドッグフードの刑』と書かれていた。

 

沢村は、この遺留品からこの事件は私的な制裁だと読み解く。

 

その後、遺体の身元が判明。

恋人がいて捜索依頼が出ていたそうだ。

話を聞きにいく沢村たち・・・彼氏は泣き崩れていた。

 

どうやら二人は引っ越してきてまだ1週間・・・

沢村は『犬』というキーワードで何か引っかかるものはないか彼氏に尋ねる。

 

後に解る事だが、被害者は彼氏が犬アレルギーのために同居の際に飼っていた犬を捨てたようだな・・・

 

これがドッグフードの刑と何か関係があるのか?

 

そんな中、新たな事件が動き出そうとしていた。

 

第2の事件:母の痛みを知りましょうの刑

なんか僕に似たクソッタレな豚が引きこもってゲームしてた。

どうやらこの豚は母親と二人暮らしなのか。

母親が夜勤に出かけたのを確認し、部屋から出てくるとおでんをむさぼり食う。

まさに豚である。

 

ピンポーン!

 

突然なるチャイム。

 

「うるせーバカしね!」

 

ピンポーン!

 

「しね!この負け組み労働者が!」

 

この豚相当口が悪いww

宅配便って言ってるのに全く出る気なしww

 

その後、またチャイムが鳴る。

 

ピンポーン

 

「うるせぇな!!しね!!」

 

しかし今度は様子がおかしい。

 

ピンポーンピンポーンピンポーン!!

スッゲー連打してくる。

 

さすがの豚も頭に来たのか、玄関まで歩み行くのだが・・・

 

ガチャ!!ガチャガチャガチャガチャ!!!

メッチャドアノブ回し始めた(((( ;゚д゚)))

 

「あのー!いますよ?空き巣だったら止めたほうがいいですよ!」

 

ガチャ!!ガチャガチャガチャガチャ!!!

 

全然やめないしww

てかいますよってww

 

カチャッ・・・

 

ピッキングでドアを開けた・・・

流石に恐怖を感じた豚は台所から包丁二本を取り出し構える。

 

「・・・・・」

 

玄関に反応はない。

しかし、少しの時間とはいえ、台所にいったので、その隙に家に入られた可能性は否めない。

 

特に玄関のすぐ横に豚の部屋があるのだ。

豚は恐る恐る自室にはいる。

 

いない・・・

 

「・・・まさかドア裏なんか・・・ないよね?」

 

ドアを引く豚。

 

「あるよ」

 

そこにはカエルの仮面を被った男が立っていた。

そしてスタンガンによる攻撃を豚に喰らわせた。

 

・・・・・

・・・

 

目を覚ますと豚は椅子に縛り付けられていた。

手足がグルグルに縛られ身動きが取れない。

口もテープを巻かれてしゃべれないようだ。

 

カエル男は豚の怠惰な生活を有罪として断罪をはじめる。

 

「お母さん助けて!!お母さん!!」

 

豚はひっしに抗い、口のテープを外し、泣き叫ぶも、カエル男に生きたまま、のこぎりで肉を切り取られていく。

 

・・・

・・・・・

 

後日、バカップルがホテル代がないせいか、廃工場でおっぱじめようとやってきて、

豚の無残な遺体を見つけることになる。

 

その後、警察が駆けつけ現場検証に。

そこには一件目の事件同様にメモが見付かる。

 

『母の痛みを知りましょうの刑』

 

現場には計りが置かれており、その上には被害者から切り落とした血染めの肉片が残っていた。

 

なるほど・・・母がこの豚を出産した重さだけ、肉を削ぎとったのか・・・

イカレてやがる(((( ;゚д゚)))

 

沢村は犯人は遺体を見せ付けたがってると分析する。

 

・・・・・・

・・・

 

晩飯を料理屋で食べる沢村と西野。

あんな事件を見た後だっていうのに、肉丼?みたいなのをガッツク沢村w

一方、神経質な西野は箸が進まないようだ。

 

沢村は体力をつけるのも大切な仕事だといい、あんな現場をみてもハンバーガーくらい食べれるようになれと叱るw

 

刑事って大変だなぁ。。。

 

そんな中、話題は被害者たちの話に。

二件目の事件・・・犯人は被害者の出産時の体重を知っていた。

そんな個人的な情報を調べ上げていた事になる。

 

また、一件目の事件については、なぜ彼女がターゲットになったのか?

犬を捨てたのが狙われた理由にしては、疑問が残る。

犬を捨てる奴など、五万といるからだ。

 

あそこまでやるほどの、何か別の理由があるはずだと沢村は睨む。

 

「お水もらえますか」

 

沢村が何気なく店員に水をたのんだ。

すると近くで食事していた人が水をついでくれた。

 

その男の左手親指には絆創膏が貼られていた・・・。

 

沢村は西野のほっぺたをいきなりつまんだ。

 

「痛いです先輩!」

 

二件目の事件・・・被害者は頬肉を切り取られていた。

手も足も縛られていた状態で、今沢村がやっているように頬の肉をつまみ、

そこにのこぎりを当てて、削り取った。

 

「お前ならどうする?」

「噛み付きますかね・・・?」

 

そう・・・もしそんな状況になれば、逃れたくてひっしに噛み付く。

親指に傷・・・!?

 

さっきの男!!

 

沢村は店から飛び出すも、すでに男の姿はなかった・・・。

 

「考えすぎ・・・か?」

 

・・・・・

・・・

 

翌日・・・

快楽犯の線が濃厚になる中・・・西野が被害者二人の共通点が解ったと報告にきた。

 

どうやら被害者二人の接点は4年前のある事件がきっかけのようだ。

幼女樹脂詰めサツジン事件(((( ;゚д゚)))

 

名前そのままの事件だが、幼女をころして樹脂詰めしてそれを幼女の親の家に送った猟奇サツジン。

 

犯人は事件後つかまり、裁判員裁判で死刑判決がでたようだ。

死刑を宣告され、精神異常が悪化した犯人は病院で自ら命を絶った事件。

 

どうやら今回の事件の被害者二人は、4年前の裁判員裁判で死刑を推進した裁判員だったようだな・・・。

 

だが幼女樹脂詰めサツジン事件と聞いて沢村は動揺を隠せない理由があった。

彼の妻である遥もまた、裁判員の一人だったのだ(((( ;゚д゚)))

 

警察はすぐに4年前の裁判員裁判に関わった人間に連絡をいれるが、

遥は2週間前に出て行ったきり、現在も連絡が付かない様子だ。

 

沢村は妻と娘が気がかりで平常心を保てない。

そんな中、新たな事件が起きる。

 

第3の事件:均等の愛の刑

裁判員裁判で刑を執行した裁判官がころされた。

左右半分上から下まで半分子に切られた遺体が家族の下と、キャバクラに送られた。

 

宅配便を装いそれを届けたカエル男。

品名が『均等の愛の刑』になってた・・・

 

第4の事件:ずっと美しくの刑

これまた裁判員裁判で死刑を推進した50歳の女性がころされた。

美容整形を繰り返し、とても50歳に見えない綺麗なBBAのようだが・・・

すっぽんぽんにされて氷漬けにされた遺体で見付かった・・・

 

すごくチチがデカイが流石にこれはアカンw( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

第5の事件:針千本飲ますの刑

裁判員裁判で死刑を推進した占い師の男性が針千本というか・・・釘千本を口につっこまれてしんでいた・・・

これまた凄惨だ・・・

 

次々と事件が起きる中、身内が関わっているということから捜査を外された沢村は独自に捜査を始める。

 

そして沢村は遥の行き先を知っているかもしれない遥の親友・秋山佳代(田畑智子)の元を訪れた。

しかし、佳代は沢村の顔を見るなり怪訝な表情。

沢村は遥に男が出来ててもいいから何か知ってたら教えて欲しいと聞くが

 

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

とビンタされてしまう。

何も知らないくせに!!めっちゃ怒ってる。

 

どうやら遥は一人で苦しんでたみたいだな・・・

裁判員裁判で死刑判決をだして、その犯人がジサツしてしまったことに対して。

さらにその心労がたたって、2人目の子供を流産してたんだって。

 

沢村は全て初耳だった・・・。

 

一方、警察も遥が佳代と連絡を取り合ってた形跡を辿り、佳代の自宅を訪れていた。

すると彼氏が出てきて、佳代は近くの職場に出勤してますと答えた。

 

その警察が、程なくして沢村と佳代の下にやってきた。

警察は遥と子供が命の危機にあると説明。

居場所を教えてくれという。

 

沢村も信じてくれと説得する。

佳代も事の重大さを察したのか、うちで匿ってると話してくれた。

 

「困るなぁ!もっと警察に協力的になってよ!キミの彼氏!」

「?・・・待って下さい・・・私・・・彼氏いません」

 

なん・・・だと・・・!?

 

じゃあ・・・あの男が!!

 

そう・・・カエル男だった。

遥と子供をケースに入れ、車の荷台に押し込んだ。

 

沢村は刑事と共に佳代のマンションに向かう!!

その途中・・・一台の車とすれ違うのだが、何かを察した沢村は、刑事達に部屋を確認するよういい、自身は車で先程すれ違った車を追う!!

 

そっからはカーチェイスにw

止まれと言っても止まらず、互いの車体をぶつけながら夜の道を爆走!!

その結果、沢村は事故を起こし、車が転倒。

 

一方自宅を調べた刑事たちは、『お仕事見学の刑』のメモを発見。

 

・・・・

・・

 

車が転倒し、意識がもうろうとする沢村。

するとカエル男の車のライトに照らされる沢村。

これがきっかけで目を覚ますのだが・・・

 

カエル男、車を乗り換えて、ダンプで沢村の車を押しつぶそうとしてる(((( ;゚д゚)))

やべぇ・・・

 

なんとかギリギリのところで逃げ出す事には成功するのだがボコられて気を失ってしまう。

 

・・・

・・・・・・

 

その後も、沢村は単独で捜査を行う中、部下の西野に捜査状況を教えてもらう。

どうやら警察は4年前の事件でジサツした男の復讐の線で該当する者を探してるみたいだけど、ジサツした男に身内はおらず天涯孤独だったようだ。

 

それゆえに、こんなに手の込んだ復讐をする犯人に辿り着けないでいた。

 

沢村は発想を逆転させて考える。

もしかするとジサツした犯人は冤罪なのでは?

 

そして、幼女樹脂詰めサツジンが、今回の一連の犯行をしている犯人と同一犯なのでは?

 

そんな憶測をするなか、カエル男は堂々と沢村の前に姿を現した!!

 

「野郎!!」

 

妻と子を拉致られ、頭に血が上った沢村はカエル男を追う!!

西野もそのあとを追いかける!

 

だが、後先考えずに飛び出すもんだから、車にはね飛ばされる沢村!

西野に追え!!といって先に行かせてしまった・・・。

 

これがいけなかった。

 

その後、カエル男と西野を見失った沢村。

西野からの着信に出ると、カエル男だった。

 

男は自分の居場所を沢村に伝え、沢村は居場所に向かう。

 

そこは雑居ビルの屋上・・・

ビルの際に立たされ、ネクタイを引っ張られる事で、なんとか体を支えている状態の西野と、拳銃を西野に向け、ネクタイを引っ張るカエル男の姿がそこにあった。

 

沢村は落ち着けとカエル男に訴える。

カエル男は自らを”表現者”と語り、みんなを楽しませるアーティストだという。

そして、カエル男は沢村が必要だと語る。

 

そんな中、日が照りだし、カエル男は首をむしりだした。

 

「タイムアップだ。いずれスイートルームに招待するよ」

 

そういってカエル男は西野のネクタイを離した。

 

「やめろおおおおおおおおおおお!!」

 

西野はそのまま、下にまっさかさま。

カエル男は沢村の泣き叫ぶ横を余裕で歩きぬけた。

 

こんな事態だ・・・確かにカエル男を捕獲のチャンスではあったかもしれないが、人情的に下に落ちた西野の安否が気になるのが当然だ。

 

西野は亡くなった。

そしてカエル男は逃亡。

 

沢村は上司に刑事失格の烙印を押されてしまう。

 

失意の沢村だったが、重要参考人で署に連行される途中、車内で暴れ、逃走!!

その後50万円を下ろし、拳銃を闇ルートで手に入れた。

 

こうなってしまっては警察も沢村を追わずにはいられない。

指名手配をすることに・・・。

 

上司も沢村を追うことが事件解決の近道と考えたようだな。

 

その後、沢村が立ち寄った中華屋で、一人の乱暴な客と出くわす。

海老をぬいてくれと注文したのに海老が入ってたことからブチギレ!!

好き嫌いではなくアレルギーだという。

 

この一言が沢村にとって重大な手掛かりとなった。

カエル男は日光を浴びて、急に撤退した。

それに首をかきむしる動作・・・

 

ネカフェで情報収集をする沢村。

日光アレルギーの患者を扱っていないか病院を探し回る事に。

そして一つの大病院に行き着き、先生を銃で脅し、

男性で20~40代、170cmくらい、などの特徴を持つ患者をがいるかと訪ねる。

 

流石に銃を突きつけられては答えないわけにはいかなかったか。

沢村はカエル男だと思われる霧島早苗の自宅に潜入する!!

 

霧島早苗はカエルマスクの下はめっちゃハゲだった(((( ;゚д゚)))

 

なんかこれまでのサツジンを作品と称し、めっちゃヘブン状態になってたww

きもいww

 

恐る恐る館に潜入する沢村・・・

奴の部屋にはモニターがいくつも。

どうやら沢村家を隠しビデオで撮影していたようだな。

 

そんな中、背後から攻撃を受ける沢村!!

ついにカエル男と正面対決だ!!

 

てか、カエル男ってか、もうハゲ男と化してるんだけどね!

 

ボコボコ殴りあうww

なんかカエル男ww沢村は一人のベットで慰めてたとか言ってたけどwww

そういうことなの?w

 

てか、これ本当に演技?ってくらい激しいもみ合いだな・・・

ホンマ小栗旬と妻夫木聡の演技やべぇな(((( ;゚д゚)))

 

結局バールをもってたカエル男が勝利を収め、沢村は囚われてしまう。

 

第6の事件:お仕事見学の刑

沢村が気づくと、そこは暗い部屋だった。

手探りで壁伝いに歩き、そこでスイッチを見つけ明かりをつけた。

 

そこには遥と息子・将太の服を着たマネキンが立っていた。

息子は箱を抱えていて、遥の方は手に銃が握られていた。

 

箱の中身はジグソーパズルだった。

そして、西野と共に食事をしたときの録音が同梱されたICレコーダーに残されていた。

 

沢村は事件はジグソーパズルみたいなものと語っていた。

だからジグソーパズルか・・・

 

ドアは固く閉ざされ、近くにパスワードを入力するキーパネルがあった。

どうやらパスワードでドアが開く仕組みのようだな・・・

 

怒り狂う沢村はジグソーパズルどころではなかった。

とにかく妻と息子の安否が知りたかった。

声が聞きたい・・・いや、安否だけでも教えてくれ・・・

 

そう懇願する沢村。

 

霧島早苗が沢村に興味を持ったのは遥がきっかけではあったのだろうけど、

沢村は人ごろしだという。

ころさずにころした・・・

 

二人の人間をころさずに、こころをころした・・・と。

 

つまり、遥と将太のことか。

ずっとずっと一家を監視していた霧島。

 

沢村の冷酷無比な行動に興味を惹かれ、始めて合作してもいいと思ったいう。

つまり奴にとって沢村という存在は作品を完璧にするためのキーパーソンというわけか。

 

沢村は昔の記憶を辿る。

彼が学生時代、母を病気でなくし、刑事だった父は亡くなって5時間後に現れたという。

そこから父との会話がなくなったそうだ。

 

そんなある日、学校から呼び出しを受ける沢村。

父親が通り魔から親子を守りしんでしまったようだ。

 

それが沢村を刑事の道へと決意させた出来事だったようだな。

 

刑事の父親を憎んでいたのに、今ではその父親と同じように家族をないがしろにしていた。

 

沢村はただただ謝罪する・・・

そして絶対に助けてやると決意を新たにジグソーパズルに向き合う。

 

途中、何度か、霧島からハンバーガーとコーラの差し入れがあって、

それを貪り食う沢村だったが・・・

 

明らかにやべぇ肉なんだよなぁ・・・

 

霧島がめっちゃうきうきでハンバーガー作ってたんだけどww

コレ絶対・・・人肉・・・しかも・・・ね?

可能性が・・・ね?(((( ;゚д゚)))

 

しかし沢村はマズイとも言わずにむさぼってたからなぁ。

人肉が美味いのか、人肉じゃなかったのか・・・

 

沢村は1000ピースのジグソーパズルをくみ上げていき、

ピースが足りない事に気づく。

 

だが足りないピースで文字が出来てる。

”EAT”・・・いやな予感しかしねぇww

ハンバーガーを見つめる沢村・・・最悪のケースを考えたのかなぁ?

 

その後、パスワードを入れて見事部屋を脱出した沢村。

テーブルの上にはハンバーガーを作ったときの形跡がそのまま残ってた。

 

ちょwww髪の毛が血と肉と一緒になってるやんwこれもう完全に人肉やないかオワタ^q^

 

気にも留めず他の部屋に入り、二人を探すのだが・・・

 

絶対にヤバイ扉を発見

 

恐る恐る開ける沢村。

 

そこには・・・

 

 

お互いに向き合う遥と将太の頭が保管されていた。

 

「うわアアアアアああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

 

絶望する沢村。

 

この様子をモニターで見て、ゾクゾクする変態霧島。

でも、その側には遥と将太の姿が。

 

どうやら精巧に作られた偽者だったようだな・・・

遥は何でもするからと命乞いをする。

 

・・・・・

・・・

 

一方沢村は、二人の変わり果てた姿を見て吐いていた。

そこに現れたカエル男。

 

「それくらいのことで吐くな。ハンバーガーくらい食べれるようになれ」

 

沢村が言った言葉を再生したのか、カエル男が言ったのか覚えてないけど、

これで

 

沢村は完全にぶっ壊れた。

 

コロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロスコロス

 

もはや霧島をころすことしか考えていない!!

拳銃をむき出しにして、逃げるカエル男を追い回す沢村!

 

カエル男は逃げる途中、自身と同じ恰好をさせた遥と入れ替わる。

なるほどな。

 

逆上した沢村に妻を撃たせようってわけか。

僕もこれは撃つ展開だと思ったんだが、ころすころす言ってたわりに銃口を向けて躊躇う沢村。

 

「遥・・・?」

 

すぐに気づいて駆け寄る。

マスクを取ると、遥だった。

 

ここでカエル男三度登場!!

どうやら将太を人質にとってるようだ。

 

霧島は言う。

 

沢村が遥をころせ。

そうすれば息子と一緒に解放する・・・と。

 

しかし、そんなこと出来るはずもない。

遥は沢村に自身を撃つように銃を握らせるが・・・どうしてもできない。

 

結局沢村は、霧島に向かって銃をぶっ放すも、命中せず!

逆に霧島が撃った弾が沢村に命中!!

 

かなり深手を負う!!

 

霧島は三つのエンディングがあったという。

1つ目は沢村が遥をころし、二人で助かるエンディング。

2つ目は沢村が霧島をころし、三人で無事に脱出するエンディング。

 

そして3つ目は霧島が全員ころして、終わるバッドエンディング。

今まさに、その3つ目が執行されようとしていた!!

 

その時だった!!

 

警察が現れ、霧島を包囲した!

 

「僕の邪魔をするなああああああああああ!!」

 

警察に発砲!そのまま逃走する霧島。

しかし、外に一歩出ると、そこは日差しが刺していた。

マスクをしてないせいか、紫外線でアレルギー反応を起こす霧島。

 

裁判が始まり、僕の作品を裁判員たちが見ることになる・・・と悦びに打ち震える霧島。

 

そのまま気を失い、確保となった。

 

事件は解決した。

 

順番はかわるけど、実は霧島早苗は双子だったかな?

沢村が病院で霧島の居所を掃かせた女医。あれが早苗の姉になるみたい。

 

その後、入院中の早苗の病室をおとずれ、薬物を投与し彼をころした。

彼の紫外線アレルギーは心因性のものらしい。

 

かつて彼らが幼少期に両親である資産家夫婦がバラバラにころされる事件が発生。

早苗がそれもやったのかどうかは解らないけど、むしろこの事件がきっかけでおかしくなったのかもな。

そして大きなストレスで紫外線アレルギーになったのかも。

 

・・・・・

・・・

 

事件から3か月。

沢村の体はいえても、心はまだ癒えてないようだ。

 

でも家族のキズナは前よりも深いものになった。

そしてラスト・・・息子があの霧島と同じような症状を見せて・・・エンディングと。

 

こんな感じの映画でしたー!あー長かった!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

スポンサーリンク