しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断 第6話【ドラマ感想】

■メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

第6話

f:id:sarapan2014:20161115234757p:plain

■前回はこちら

初っ端から幽霊子供((((;゜Д゜)))

なんか顔色悪いし・・・なんか怖いな。。

 

 

一方、前回ラストで志帆の異常行動を目撃した雪野。

志帆の事を、まだ詮索を続けようとする雪野に、そっとしておいてあげれないかと北畠は声をかける・・・

 

誰にも触れられたくない過去がある・・・

雪野にも思い当たる節はある・・・1年前の医療ミスの疑い。

 

その因縁の患者が再び雪野の前に現れる。

突如運ばれてきた女性。

 

彼女は1年前に雪野が手術した女性だ。

緊急心不全を起こしているようだ。

 

どうやらこんなに何度も起きるのはありえないそうだ。

しかし、現にあり得ない事が目の前で起きている。

 

程なくして患者の夫である北村議員が駆けつけ、凄い剣幕でどなりちらす!

また医療ミスかと責める議員。

 

対応に当たった高杉先生と雪野を見て、怒りのボルテージが振り切れる!!

 

「なんでお前たちがここにいるんだ。なんで失敗した奴がここにいる!!」

「私は失敗だったと思っていません!」

 

「失敗だったから再手術したんだろ!!?」

「落ちついて下さい!」と高杉。

 

「お前の再手術も失敗じゃないか!!」

 

キレ方が半端ねぇ・・・まぁ家族がしにかけてるんだからこうもなるか・・・

 

最初に雪野が手術を失敗した時から何度も手術をくりかえしてるらしい。

拡張型心筋症による心不全・・・

 

すでに患者の心臓は重症で、心臓移植を待っている状況のようだ。

1年にセーブ手術を二度行ってるらしい。

一度目が雪野で二度目が高杉らしい。

 

本来は二度もやる手術じゃないようだが・・・

肥大した心臓をセーブ手術で拡大しないようにするのに、何度も拡張を繰り返してるようだ。

そこで解析診断部で患者を診ることに。

だけど、もって1週間の命らしい・・・

 

それまでに原因を究明し、治療に当たらねば・・・

原因究明にあたり、夏海は単純な手術ミスを指摘。

だが雪野は手術は失敗していないという。

 

サルコイドーシス

真菌アスペルギルス

脚気心

アルコール性心筋症

アミルイドーシス

シャーガス病

ミトコンドリア病

 

これだけの病気の候補がある。

残り1週間を考えると、どれかに絞り込んで治療にあたらねば・・・・

 

そんな中、雪野はヘモクロマトーシスという病気を候補に挙げた。

体内に取り込んだ鉄分のコントロールが出来なくなる病気らしい。

患者は以前より手足の痛みを訴え、フェリチンの値が高いことから、可能性は十分あるようだが。

 

病理所見では異常はなかったという結衣。

しかし、雪野は病理医の見落としかもとイチャモンをつける。

 

そして、時間がないからと単独でヘモクロマトーシスの治療にあたる雪野。

他のメンバーは他の病気の可能性を探る事に。

 

・・・・・

・・・

 

志帆は北畠から雪野の話を聞いた。

雪野はオペの失敗は認めなかったが、手術結果がすべて。

その責任をとって心臓血管外科を追い出されたようだ。

 

雪野は自分の力で必ず心臓血管外科に戻る事を誓い今に至る。

 

雪野は鉄キレート?療法で尿から鉄を排出する方法をとってるようだ。

しかし、これには時間がかかるようで、最悪結果が出る前にしんでしまうと志帆はいう。

 

雪野は志帆のアドバイスを必要とせず一人で解決するつもりのようだ。

1年前の汚名を晴らすためにやってるようだ。

 

他の病気が原因だったと証明し、1年前の手術がミスではなかったことを証明する。

そして晴れて心臓血管外科に返り咲く・・・か。

 

・・・・・

・・・

 

少し離れてから患者の元に戻った雪野。

そこには患者と話す志帆の姿が。

話をするなかでお湯を欲しがった患者に、ちょうど看護師が置いていったお湯の入ったコップを手渡すと、患者はコップに触れた瞬間落としてしまった。

 

そんなに熱かったのか?

しかし志帆何かに不思議そうにコップを拾った。

冷たかったのかな?

 

・・・・・

・・・

 

雪野は、しつこい志帆に余計な事をしないでと怒る。

彼女は手術をしてこそ一流。手術をしない解析診断部を二流とみているようだ。

志帆は手術だけが全てじゃないという・・・。

 

医療の最前線を目指す雪野・・・邪魔をしないでと言い放つ。

 

・・・

・・・・・・

 

その後も雪野の方針で治療を進め、いい結果が出ていると娘に話した矢先に、急に苦しみだす患者。

 

なんとか大事には至らなかったが・・・雪野の治療方針が原因で今回の急変が起こったのか・・・

 

雪野は志帆に責めないのかと尋ねる。

一人でやると言ったのに、この様・・・むしろ責められない方が辛いということかな。

志帆は、今考えられる治療の中で起きた事ゆえ責められないという。

 

まだ他の病気を突き止められずにいるしな。

志帆は医者の事情など関係ないと言う。

目の前の患者を救う事が仕事。

そのために何を優先すべきか考える。

 

患者を救う事より大切なことはないという志帆。

  

スポンサーリンク

 

 

その後、急変を聞きつけた議員はまたしても凄い剣幕でカンファ中の解析診断部に乗り込んできた。

雪野を責めたてるが、葉子と志帆が庇った。

 

患者の家族の気持ちもよくわかるけど、彼女たちもよくやってるんだけどね。

過程など患者や家族には関係ないのかもだが・・・

 

葉子はこれ以上彼女を矢面に立たせるのは可哀想と感じたのか、

独断行動の責任も含め彼女を外すと言い出すが、志帆は外すべきではないと言う。

それでは心臓血管外科が1年前にやったことと同じだと。

 

f:id:sarapan2014:20161115234824p:plain

 

雪野自身、なんでもするのでやらせてほしいと頭をさげた。

 

だが状況はかなりマズイ。

雪野は諦めかけそうになるが、志帆が患者の家族の姿を見せ、

一番つらいのは患者と、その家族だという。

 

泣き言は言うなと。

 

・・・・

・・

 

その後、志帆は患者が熱を出している事と、発心に気付いた。

何やら赤血球とか諸々の数値がさがったらしい。

 

薬剤によるアレルギー反応か!?

新しい薬は何も使っていないのになぜ?

 

どうやら一か月前に飲み始めた凝固薬が原因のようだ。

すぐに治療にあたる。

 

その後の検査で患者の病気がHHV6による心筋炎だと結論づけた。

だが助かるにはやはり心臓移植しかないようだ。

でも移植に耐える事も難しいという。

 

セーブ手術が失敗ではなかったことはわかったが、このままでは患者は助けられない。

 

・・・・・

・・・

 

志帆が自宅で休んでいると、いつも通り幽霊子供のアドバイスタイムw

これ幻覚なら幻覚でやべぇけど、やっぱ幽霊がアドバイスしてるのかなぁ?

 

まだ誰も気づいてないゴールへの脇道があるんじゃないかと幽霊子供は言う。

 

f:id:sarapan2014:20161115234916p:plain

そしてコーヒーでも飲んで考えてみて。

といって、志帆に渡す素振りをして、そのままぶっかけた!

 

「あっつ!!・・・くない」

「コーヒーと聞いて熱いと思ったよね?人は先入観で判断しがいがち」

 

志帆は患者がお湯のコップを落とした事を思い出し、何かに気付いた。

 

・・・・・・

・・・・

 

翌日、志帆はまた綾香を使って何かをやらせようとしていた。

そして雪野が志帆に連れられてやってきたところは密封され、ヒーターをガンガンに炊いた病室だった。

 

室温は40度。

f:id:sarapan2014:20161115234850p:plain

汗だく綾香がなんかエ口いww

 

雪野は患者に何かあったら大変!と急いで外に出そうとするが

志帆が止めた。

 

見せ場はこれからだと。

志帆は患者の腕を触り、その触った手を雪野に触ってみてという。

雪野が志帆に触ると・・・

 

「汗をかいてない・・・!」

 

こんな暑い中で汗をかいてない。

何かに気付いた雪野は心筋生検をする。

 

そして病理の結衣の検査でファブリー症だと判明した。

かなりレアな病気かつ、症状が発祥するのが男性に限られるらしく、しかも拡張型心筋症になるケースもレア。

様々なレアケースが重なったようだ。

 

ファブリー病に気付かなかったヒューマンエラーだったようだ。

こうそせいざいというのがあって、それを投与したら帰れるんだってさ。

一時期はどうなるかと思ったけど無事解決出来てよかったね。

 

議員は雪野に謝罪した。

雪野は謝らないでくださいといい、本心を話した。

自身のプライドのために患者を診ていたと。

 

医者失格だと・・・でも患者がそんなことはないとフォローした。

 

・・・・・

・・・

 

その後、高杉の後輩が志帆について調べていて、その結果、子供が既になくなっていることを雪野は知ることになる。

 

墓には真央10歳と刻まれていた。

幽霊子供。。。

 

次回に続く!

スポンサーリンク

 

  

■前回

 

■次回

 

■メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断