しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第10話 「透明のふしぎ」【漫画感想】

■あつまれ!ふしぎ研究部
第10話 「透明のふしぎ」

f:id:sarapan2014:20161117080145j:plain

■前回の感想 

 

千晶はリンゴを手に持って、そこに布をかけ、それを外すとリンゴが消えているという、所謂消失マジックというのを練習している。

 

「うーん、消失マジックは難しいなぁ・・・」

「まずは簡単なマジックから覚えましょうよ」

「物体を見えなくするだけなら催眠術でも可能よ」

 

「え?」

「そんなことまでできるんですか?」

「それじゃあ大祐君、目を閉じて」

 

「やっぱりやるのは俺なんですね・・・」

「目を閉じるとスーッと深い催眠に入っていきます・・・

 3秒数えて目を覚ますと、なぜか私たち全員の姿が見えなくなってしまいます。

 3・2・1・・・」

 

目を開けた大祐。

 

「あれ、みんなは?」

 

確かに部屋にいたはずの3人の姿が消えている。

 

「うふふ。ふしぎでしょ」

「あ、声だけは聞こえる」

「本当に私たちも見えないの?」

 

「3人とも見えませんね」

 

千晶と鈴は互いに顔を見合わせたww

いやな予感しかしねぇww

 

スポンサーリンク

 

 

『よし』

 

はてなボックスと、呪いの面が浮かぶw

 

「姿以外は全部見えてますからね?」

 

(これはまずい。ことね先輩はともかく、この2人が透明になるのは、

いろいろと危険な気が・・・)

 

ペシッ!

 

「痛っ!今のは千晶先輩か?」

 

後頭部を狙うとはw

めっちゃ楽しそうな顔しやがってw

 

「あれ、なんで俺の靴が机の上に・・・」

「呪いの下駄にすげ替えたよ」

 

「いつの間に!?」

 

怖いわwwwなにこの血みどろの下駄w

鬼太郎の下駄かよww

 

「わあああああああああ!!!!」

 

下駄を放り投げる大祐w

 

「いやー透明人間って楽しいなぁ」

「大祐隙だらけ」

 

「普通の人なら危険を感じた時点で催眠は解けるはずなんだけど・・・

 大祐君はやっぱり異例ね」

 

(だめだ。3人とも全く視認できない。

何か別の方法で見つけないと・・・)

 

「こうなったら最後の手段」

 

心 眼 !!

 

(馬鹿だなぁ大祐は。目閉じちゃったらマジックの道具も見えないじゃん)

 

背後から大祐に迫る千晶!

しかし大祐はその気配を察知!!

 

「そこだ!」

 

バッ!と手を出す大祐!

 

「・・・あれ?手ごたえがあるような無いような・・・」

「大祐お前・・・」

 

うほww^q^

千晶の右乳鷲づかみw

掌サイズいいじゃないか( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

「まさか・・・」

 

「悪かったな手ごたえ無くて!」

 

大祐を蹴り上げる千晶ww

 

「そういう意味じゃないです!」

 

吹っ飛ばされて地面に背中を叩きつけた大祐。

 

「いてて・・・あ、解け・・・」

 

倒れた大祐の視線上に誰かの靴が見える。

どうやら催眠術が解けたようだが・・・

 

「大丈夫?」

 

クッソエ口www

ことね先輩のスカートの中丸見えじゃん。

よかったな大祐^q^

 

大祐はそのまま何もなかったかのようにそそくさと前かがみで席についた。

 

「もしかしてもう催眠とけてた?」

「いえ、誰も見えてません」

 

催眠は解けてる。

だが、今それを悟られるわけにはいかない。

 

いろいろな事情で身動きがとれないのだ。

代償は甘んじて受けよう・・・

 

大祐の下半身は正直者だなぁ・・・

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部