しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】ハリガネサービス 第121話「帰ってきた曲芸師」【漫画感想】

■ハリガネサービス
第121話「帰ってきた曲芸師」

■前回

鯨川のスパイクを大船が止めた!!

 

しかし桐城のメンバーは信じていた。

 

大丈夫だ。

鯨川はいつだってブロックを打ち破ってきた!

 

だが、この期待は見事に打ち砕かれる!!

大船のブロック見事成功!!

 

だけどwwwこの見開きのコメントがww

五十嵐止めた!

になってんだがww

これ大船だよな?w

これは酷いww

 

「うわああああああああああああ!!!

 鯨川が止められたあああ!!」

 

出だしの1点は豊瀬がゲットか。

 

「スマン」

「いや、俺もブロックフォローできんくて」

 

「ナイスブロックでした!!」

 

・・・こんなもんだったか?

 

大船は自分のレベルアップを肌で感じている様子だ。

 

ゲーム再開!

五十嵐からのサーブだ!

 

「一本で切るっスよ!!」

 

カンフーリベロが叫ぶ!

 

五十嵐の放ったジャンプサーブは見事に桐城のコートに突き刺さった!

反応も出来ないってやばくね?

 

え?桐城弱くね?

 

2ヶ月前より精度とスピードが上がってやがる!

驚愕する桐城メンバー!

 

(偶然だ!たまたまスパイクに体重が乗らなかったんだ・・・でも、

念のために4番のいないサイドから攻める!)

 

桐城・置鮎が再び鯨川にトスを上げる!!

だが11番の下平と4番大船が瞬時にポジションチェンジし、ブロックにあたる!!

 

鯨川のスパイクは大船と間白のブロックをすり抜け、待ち構えていた猫田にレシーブ!

と、同時に下平が駆け出す!!

 

そして下平のワンレッグが見事に決まった!!

 

(どうなってる?2ヶ月の間に別のチームみたいに成長している!!)

 

大船のドヤ顔と態度がムカツクww

そんな油断してたらやられんぞ・・・

 

「海太!ブロック振れてないぞ!!何やってんだ」

 

双子がもめだしたぞ。

桐城はトスワークに迷いが出始めたようだ。

最初に鯨川を止められたのが大きかったか。

 

これまで苦しい状況でも鯨川にあげておけばなんとかしてくれた。

切りどころを失った事で確信をもってトスを振れないようだな。

 

ピーーー!

 

『!』

「あっ!」

 

桐城はもう選手交代するのか・・・

どうやらツーセッターの双子を下げるようだ。

そして出てきたのはイケメンの13番とゴリ顔の11番だ。

 

スポンサーリンク

 

 

イケメン13番は軟体セッター・倉光。

 

「うわっ!0点だっ!!初めて見た!」

 

コレを聞いた鮫島と草壁がカチンと来たw

 

「ちょっとちょっと。どうしちゃいました?

 2ヶ月で豊瀬が見違えるように強くなってびっくりしちゃいました?

 ざまぁないですぅうーー!!ダッセええぇーー!!

 

くっそwww倉光の顔www

いいキャラ過ぎだろこいつwww

味方を煽ってどうするww

 

「そぉい!!!」

「ああああああああああああああああああああ!!!」

 

ファッ!!?

ちょwww急展開すぎだろww

 

鯨川に両足首をつかまれて、そのまま上に持ち上げられた倉光ww

豊瀬メンバー目が点にwwwwwwwwwww

 

くっそwww

 

「高い高い高い高い!!下ろせえええ!!!」

 

「ホイ」

 

鯨川www下ろせとは言ったが下ろし方w顔面強打するぞww

 

「いやあああああああああ!!!」

 

泣いてるwwwww

 

鮫島が倒れる倉光の腕をキャッチ!

よかったな倉光。受け止めてもらえて。

 

「うう」

 

泣いてるしww

 

「あースッキリした!」

 

鯨川ww

 

(出てきていきなり泣かされとる・・・)

 

松方ドン引きww

 

ゲーム再開!

五十嵐がスパイク!これはドラゴンに拾われた!

このボールの行方はセッターの倉光にいくぞ!

 

その倉光の正面に立つ下平はどう上げてくるかを考える!

 

事前に松方にアドバイスを貰っていたようだ。

倉光がトリッキーなトスを上げるのは自分で敵を翻弄したいからだと。

大変なのは合わせるスパイカーのほうだという松方。

 

動きが不規則だから最速のタイミングで助走に入れない。

トスが上がるのを見てからでも十分間に合う・・・と!

 

だが倉光が上げたのは普通のトスだった!!

これには完全に裏を書かれた下平!

 

11番の放ったスパイクが見事に決まり、ようやく連続得点(ブレーク)を切った。

 

「ナイストス!」

 

ビビリまくる倉光の周りに集まるメンバー。

この光景に驚く松方。

 

前は点とったとき誰もハイタッチにいかなかったのに。

豊瀬が過ごしてきた2ヶ月間は相手も同じだということだな。

 

次回に続く・・・!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回 

 

■ハリガネサービス