しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】ドラゴンボール超 第72話 「反撃なるか!?見えないころしの技!!」【アニメ感想】

■ドラゴンボール超
第72話 「反撃なるか!?見えないころしの技!!」

f:id:sarapan2014:20161225111728p:plain

■前回はこちら

伝説のころし屋ヒットに命を狙われた悟空。

超サイヤ人ブルーにて、ヒットに立ち向かうも、一撃の元にころされてしまった・・・!

 

そこに駆けつけた悟飯・ピッコロ・悟天。

悟空の亡骸を前に悲しみを抑えきれない悟天。

 

そんな中、ピッコロは何とか蘇生を試みるが、心臓マッサージでは反応がない。

その時だった!!

 

上空からとてつもないエネルギー弾が悟空目掛けて落ちてくるではないか!

ピッコロたちは悟空をその場に置いたまま、避難!

この一撃は誰が放ったものかは解らないが、この衝撃により、悟空は見事に息を吹き返したのだった!

 

どうやらさっきの気弾はとっさに悟空自らが放っていたもののようだな。

そういえば倒れる前に上空に撃ってたなw

 

偶然っぽいけどなぁ。

 

悟空は呑気にも、一瞬閻魔様を見たと笑っているw

わらっとる場合かw( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

悟空のかわりに戦うという悟天に、心配するなと悟空は言うが・・・

時飛ばしではないヒットの新たな力を前に、果たして勝つ術はあるのか?

 

悟空は本気のヒットと闘いたいからと悟飯とピッコロに頼む。

これまで何度も地球を救ってきた悟空だ。

今さら悟空が自分の命をどう使おうが、止める権利は誰にもない。

 

3人は悟空のわがままを許す事に。

ただし、絶対に勝ってくれと悟飯・・・!

 

悟空はヒットに大声で呼びかける!

 

「俺は確かにお前をころした。すでに仕事は終えている」

 

声はするのに一切の気配を感じない・・・!!

 

ヒットに戦う理由はないようだが、悟空は自分の気持ちが収まらないといい、

超サイヤ人ブルーへと変身する!!

 

そして悟空は、すでにさっきの技は見切ったというのだ。

 

本当なのだろうか・・・戦わせるためのブラフ・・・?

 

「ほう」

 

ヒットは興味を持ってしまったのか!?

悟空は場所を移動する。

 

「ついて来てるよな・・・ヒット」

 

夜の森の中に降り立つ悟空。

 

「ここならヒットも戦いやすいかもしんねぇなぁ・・・

 ころし屋っちゅうんは恥ずかしがりやなんかぁ?」

 

すると悟空は何やら気を感じたようだ。

 

「あっちに気を感じるっちゅうことは・・・

 あっちにはいねぇっちゅうことだな・・・」

 

どういうことなのか?

それがヒットの新たな力と何か関係が!?

 

ヒットは確かに悟空の感じた気とは逆方向に隠れていた!

本当に見切ったとでも言うのか!?

 

悟空が言うには、ヒットは自分の気の偽者を作れるらしい。

それを囮に使う・・・と。

 

なるほど、気だけではなく、姿までも忠実に再現するのか。

悟空がいくら攻撃してもすりぬけてたのはそういうわけか。

 

「どこにいんだ・・・ヒット!!」

 

悟空は目を閉じ、神経を研ぎ澄ます!!

 

「こっちか・・・!!・・・・・・やっぱいねぇ・・・!」

 

ネタは解ったようだが、それを実際にとらえるのは相当に難しいようだ。

あちらこちらからヒットの気を感じる悟空!

 

だが、目の前にはヒットの姿はない・・・

 

「気の分身っちゅうやつか・・・すげぇな・・・」

 

悟空が目を閉じ、神経を研ぎ澄ましている中・・・

ヒットは悟空の背後の木々に身を潜めていた。

 

悟空は瞳を閉じたまま、方向を変えつつ警戒する!

そんな中、ヒットはポケットから拳を出し、そのまま一突きした!!

 

凄まじい衝撃波が悟空目掛けて飛んで行く!!

圧縮された衝撃波は音も立てずに悟空に向かう!!

あわや着弾というところで、なんとか直撃は避けた悟空だったが、もの凄い衝撃にふっとばされてしまう!!

 

木をなぎ倒しながらも、なんとか体勢を整える悟空!

ヒットの一撃で仕留めるというこだわりを打ち破った悟空は嬉しそうだw

 

それにしても驚異的なのは、さっきの拳から放った衝撃波!

なんと木を突き抜けてきたのだ。

つまり対象意外はすり抜けるってことなのか・・・

 

見えない気を撃ってるんだろう?と悟空。

 

「解ったところで防げん」

「ならどうかな?もっとひれぇとこ行こうぜ!」

 

悟空は見晴らしのいい場所に移動した。

そしてオーラを全開にする!

 

f:id:sarapan2014:20161225111841p:plain

「暗闇で自ら気を放つとは・・・己の場所を教えているようなもんだぞ」

「あえてやってんのさ」

 

「俺はターゲットを逃した事はない」

「だろうな」

 

てかww二人めっちゃ離れて会話してんだがww

 

「つまり、どんな手を使ってもターゲットを仕留めてきたということだ」

 

ヒットは再び見えない気弾を飛ばす!!

これに対し、悟空は目を瞑り、僅かな気配をたより、その攻撃をかわす!!

 

見えない気弾の連続攻撃!!

しかし、これに対し、寸分狂わぬ反撃で弾き飛ばす悟空!!

凄い闘いだ!!

 

「もうその技はくらわねぇぞ!」

「やはり三度目で完全に見切られたな・・・」

 

「今度はオラからいくぞぉ!!」

 

悟空はヒット目掛けて飛んで行く!!

そして間合いに入ると・・・なんと猫だまし!!

 

これにはヒットも多少なり驚きを見せるも、そのあとの攻撃はかわされた!

 

(あ、あたんねぇ!!)

 

「とりゃあああああああ!!」

 

これもかわされる!!

 

(残像拳か!?)

 

シュンッ!!

 

(いや、違う!!)

 

ヒットは一瞬にして上空の悟空の背後をとり、そのまま両拳を叩きつけた!!

大地が割れるほどの衝撃!

しかし、悟空もピンピンしている!

 

「武道大会の時とは比べ物にならねぇくれぇ・・・つぇぇな!!

 ただ・・・もっと上があんだろ!?」

 

悟空が震えだす。

 

「くっ・・・オラが震えてる・・・?」

「それは武者震いではなく、恐怖からくる震えだ」

 

「かもな・・・!」

 

スポンサーリンク

 

 

「さばっとご!!(?)」

 

ビルス星のベジータはウイスとの100回組み手をまだやってたw

 

「あと3回です。がんばって下さい」

「特上ステーキでどうだ・・・

 特上ステーキでどうなんだぁぁぁ!!

 

ベジータwww

残り3回と特上ステーキを取り引きしようとしてるww

 

しかし、ウイスは特上ステーキはすでに何度か食べているからと、取り引きに応じるつもりはないようだww

もっと未経験の美味しいものでなくば心は動かないとw

 

「く、くそ!!だ、だったら!

 おばあちゃん秘伝のタレをぶっかけてやる!!

「おばあちゃんの秘伝のタレ!?」

 

ベジータにぶっかけとか言わせるなww

悪意のあるMADが作られそうだぞww

 

f:id:sarapan2014:20161225111913p:plain

ちょwwウイスのアヘ顔ww

これは酷いww

 

「よしよしよし!!」

 

ベジータもあと3回くらい頑張れよww

 

・・・

・・

 

一方悟空は攻撃の当たらないヒットにどうすればいいのか思案中。

とりあえずやってみっかと超サイヤ人ブルーに変身し、突っ込んでいく!!

 

しかし、ヒットの目が光ると、その途端攻撃はヒットの身体をすり抜けてしまう!

やっぱ幻覚系の術を使ってんじゃないのか?

 

気をどこにでも感じさせる事が出来るなら、幻術との相性も抜群だろ。

 

 

(ヒットのヤツ・・・オラが攻撃してる時は何も攻撃してこねぇな・・・)

 

それがヒントなのかもな。

あの術を使ってるときは攻撃できないとか?

 

悟空の手が止まると、すかさず攻撃に入るヒット!!

普通に戦っても相当強いのにね。

 

悟空は、ヒットがまるで二人いるみたいだと感じてるようだが・・・・

 

 

そして、そんな二人の戦いを見守るシャンパとヴァドス。

本気のヒットが孫悟空を仕留められてないのが意外そうなシャンパ。

 

シャンパは悟空の攻撃がヒットに全然当たらないことに疑問を抱く。

するとここでヴァドスが時飛ばしについて説明してくれるようだ。

 

時飛ばしとは時間を止めているわけではないという。

正確には時間を飛んでいるのだと・・・

さらに、ヒットは飛ばした時間を貯めることができるそうだ。

 

さらにさらに貯めた時間で別の空間・・・パラレルワールドを作り出し、そこへ自由に移動できるらしい。

 

そのため、目には見えるけど、そこには存在していない・・・と。

そういうことらしい。

 

悟空にどうにかできるんかね。

 

・・・・

・・

 

悟空はあと少しで掴めそうだという。

接近戦を繰り広げる中、ようやく悟空の拳がヒットにかすった!!

 

どうやら悟空の暗さつを依頼したのはヴァドスらしいが、誰かの代理だという。

シャンパでもないそうだが・・・一体だれ?

まさかウイスじゃないだろうな・・・修行の一環で・・・。

 

ふぅむ。

 

一方、悟空はヒットの謎に辿り着いていた。

パラレルワールドとかの理屈ではないが、防御の際にここに存在していない事は見破った。

 

悟空は防御から攻撃に転じる、その瞬間を狙って攻撃を仕掛け続ける!!

 

「攻撃できないわけではない」

 

そう言うとヒットはあらぬ方向へ拳を突き出した!!

するとどうだ。これまたあらぬ方向から衝撃波が悟空をぶっ飛ばした!!

 

「こんな攻撃なら可能だ」

「やっぱおめぇはスゲェよ!オラの一歩先を常にいってよ!

 おーいててて!・・・だが、オラ、やられっぱなしだったことはねぇんだ!!」

 

「僕にはやられっぱなしだったよねぇ?」

 

ビルス様がウイスとベジータと共に現れた。

見学に来たというが・・・!

 

戦いを再開!!

 

悟空は凄まじいオーラを纏う!!

これに対しヒットは時飛ばし・・・いやパラレルワールドに逃げ込んだのかな?

だが悟空のオーラはその空間にヒビを入れる!!

 

「なんだと!?」

 

そして遂に空間に穴を開けると・・・

お決まりのかめはめ波!!

 

f:id:sarapan2014:20161225111933p:plain

「か・・・め・・・は・・・め・・・波ぁぁぁぁ!!!」

 

結果、ヒットも悟空も両者ダウンw

自分よりヒットと戦う悟空にやきもちを焼くベジータww

 

悟空はヒットに命を狙われて仕方なく戦ったと弁明するがw

ベジータは誰がヒットに依頼したのか聞くも、当然依頼主の事は言えないヒットw

 

「と、言いつつベジータが依頼したんじゃないだろうねぇ?」

「馬鹿をいえ!!」

 

「誰が馬鹿だ?破壊するぞ」

「すみません!!つい勢いで!!」

 

土下座するベジータww

 

実は悟空自身がヴァドスを通して依頼したことが判明ww

これにはヒット自身呆れ顔ww

 

元々はウイスに話して、ウイスがヴァドス・・・という流れらしいw

ヒットは、依頼主である悟空に暗さつ期限はあるのか?と訪ね、ないと聞くと、

のんびりころすとするといって帰っていったw

 

ヴァドスとシャンパも帰っていった。

そしてチチやピッコロたちも駆けつけ、悟空の心配をするw

悟空は自分暗さつを依頼したことはナイショにしてくれとベジータに頼むww

 

その一方でウイスとビルス様はベジータが条件に挙げた

お婆ちゃんの秘伝のタレのステーキを早くとせがまれるww

 

f:id:sarapan2014:20161225111954p:plain

やっぱ口からでまかせだったようだがww

 

(またやろうぜ・・・!ヒット!!)

 

次回に続く!

スポンサーリンク

 

 

 

■前回

 

■次回

 

 

■ドラゴンボール超感想まとめ