しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第15話 「5円玉のふしぎ」【漫画感想】

■あつまれ!ふしぎ研究部
第15話 「5円玉のふしぎ」

f:id:sarapan2014:20161117080145j:plain

■前回の感想 

「ちわー」

 

いつものように部室にやって来た大祐。

部屋には、ことね先輩だけのようだが、彼女は無防備にも椅子に腰掛けたまま居眠りをしているようだ。

 

そんな中・・・大祐は机の上に、ことね先輩が催眠術を使うときに用いる5円玉を見つける。

 

手にとって確認するも、いたって普通の5円玉・・・

だが、いつもは大事にヘアピンにつけてるのだ・・・その理由は一体?

もしや他の5円玉にない、何か特別な力があるのか・・・?

 

などと妄想を広げる大祐。

 

「あら・・・?大祐君来てたの?」

 

ことね先輩が目を覚ましたようだ。

大祐は駄目もとで試してみることを決意する!

 

「あなたは体が動かなくなります!」

 

紐のついた5円玉をことね先輩の前で揺らし、見よう見まねで催眠術をかける大祐!

果たしてかかるのか!?

 

スポンサーリンク

 

 

「な、なんちゃってー!すみません一度やってみたくて・・・これ返します」

 

大祐は5円玉を返そうと手を差し出すも、ことね先輩は微動だにしない(((( ;゚д゚)))

まさか本当に催眠術にかかってしまったのか!?

 

「ことね先輩?」

 

反応がない・・・

大祐は思った。

 

あれ?もしかして効いちゃってる!?

 

やっぱり催眠術は5円玉の力によるものだったのか!?

これがあれば何でも出来ちゃうのか・・・?

 

何でも・・・?

 

大祐の視線は、たわわに実ったことね先輩の胸に・・・

 

いやいやいや!!

 

大祐はスケベ心を理性で制した。

しかし、以前ことね先輩が言っていた言葉を思い出す。

 

『催眠術は本人が絶対嫌なことにはかからないの』

 

大祐は思った。

そもそも実行したくない催眠にはかかることはない!

つまり催眠にかかるということは合意の上!!

 

なんか強引な理屈っぽいが、大祐はそう解釈w

 

「ことね先輩・・・3秒数えると体は自由になります。

 そのかわり、部屋の中が暑くてたまらなくなります」

 

大祐ドスケベやなww

 

パチンと指を鳴らすと、ことね先輩は何やら暑さを感じ始めた・・・

 

「まるで真夏みたいな暑さ・・・」

 

エ口さ満点で上着を脱ぎ始めることね先輩・・・

たわわが露に(((( ;゚д゚)))

 

(いいのかなこれ・・・なんか罪悪感が・・・)

 

大祐は心のどこかでそう感じつつも、脱げとは言ってないからセーフと自己解釈し、

肯定を続けるw

嫌な事は絶対にしないはず・・・つまりこれ以上ことね先輩が脱ぐということはないと踏む大祐。

 

しかし、ここで良心が大祐にストップをかける。

 

チッ!!

 

「それじゃあ催眠解きます」

「上着全部脱いじゃおうかな」

 

ファッ!!?

 

ことね先輩、腰周りまでドエ口だな・・・

めっちゃへそチラしてますが・・・

 

「ってちょっと!?ストップストップ!それ以上はダメです!!」

 

大祐がそういうと、捲し上げた制服を離し、へそが隠れた。

 

「大祐君・・・ごめんね?」

「へ?」

 

ことね先輩は、いつも一方的に催眠術をかけてばかりだから、たまには掛かる側にならなきゃな・・・ってことでかかったふりをしていたようだw

 

恥ずかしさのあまり真っ赤になる大祐w

 

「でも安心した!大祐君が紳士で」

 

満面の笑みのことね先輩ww

しにたい!!

 

大祐ドンマイwwwてか変態なのすでにバレてんじゃんw

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部