しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】弱虫ペダル RIDE.439 デスゲーム!!【漫画感想】

■弱虫ペダル
RIDE.439 デスゲーム!!

「手嶋さんどうしたんや・・・こんな頭回らんキャラだったっけ・・・

 

■前回のレビュー

■弱虫ペダル

広島・呉南の浦久保からの勝負の提案・・・

それは、互いのインターハイ公式記録用のセンサーチップを賭けた平坦バトル。

勝った方が相手のセンサーチップを川に捨てる・・・

 

それすなわち、負けたほうは、このレースから”存在自体が消える”ということ・・・

センサーチップがタイムと、何処を通過したかを明確にするみたいだからな・・・

 

このデスゲームの提案を手嶋は乗るのか?蹴るのか?

 

手嶋はわずか100gにも満たないチップの重みを感じながら、どうするかを考える。

普通であれば、こんな勝負乗る理由はない。

 

考えてもみなさいよ!

向こうは3人・・・こっちは2人だぞ。

単純計算で総北が不利なのは明らか。

 

でも、手嶋は勝つことを考えているようだ。

勝ちさえすれば、浦久保のチップをオシャカに出来る・・・!

 

純太!!冷静になれ!

 相手は3人だ!数的にこっちが不利だ!

 それにヤツがどういう手でくるかわから・・・」

 

「青八木」

「!」

 

「どのみちオレたちはこいつら越えていかなきゃ

 チームに戻ることはできない。

 闘わなきゃならない!そしてそれが今だ!!

 

せやろか・・・

てか、コイツラも優勝を狙ってるんだろ?

だったら、絶対何処かのタイミングで加速に入るはず・・・

 

そのタイミングでケツにつけばよくね?

抜く必要なんてこれっぽっちもないんだよ・・・

 

まぁ手嶋と青八木の2人が早く合流できなければ、フルメンバーのハコガクには及ばないから、是が非でも早く追いつきたい気持ちはワカランでもないけどさ・・・

 

ここで無理する必要性がなぁ・・・

それともブラック手嶋になり、負けても浦久保のチップ捨てる諸行もアリかもだがww

 

「カワシマくん!!そりゃないじゃろ!!ナハ!!」

 

とか、それはそれで面白い展開だがww

まぁ手嶋に限ってそれは絶対にないんだろうけど・・・

 

「敵のデータもねェ・・・いろいろ仕掛けてくるのもわかんねェ。

 すまねェ青八木、条件悪いのはワカってるつもりだ・・・けど・・・

 オレはまだチームに戻ってやんなきゃいけねェことが、残ってんだ!!」

 

手嶋は自転車の前輪に取り付けられているセンサーに手をかけた!

 

(まだ役目残ってんだ!!)

(純太!!)

 

「いいだろう浦久保、受け取れオレのチップだ。

 この先の橋の欄干までの平坦バトル・・・

 やってやるよ!!

 

そう言ってセンサーチップを浦久保に差し出した。

 

「!!(総北!!)」

「(このバトル受けた・・・!!)」

「(純太!!)」

 

驚く広島のチョビヒゲとメガネ・・・

まぁそうだよなww

普通に考えたら蹴るだろどう考えてもww

 

まだこれが3対3とかなら解るけどさ・・・

てか、手嶋ってクライマーじゃなかったっけ?

なんでスプリントバトルで勝つ気でおるんだw

 

「そうか、よかったワ。話のワカる男で。

 バトルいうんは、こういうギリギリのモンないと盛り上がらんけのう。

 じゃあ闘ろうか”カワシマ”くん。

 

 橋まではざっと5kmくらいか・・・

 ちょっとアップダウンがあるが、ほとんど平坦道のォ・・・

 

 スプリントデスゲーム!!開始(スタート)じゃ!!

 ウラアアアアアア!!!ラアア!!!

 

浦久保の目の色が変わった・・・!!

これが勝負する時の顔か・・・!!

 

スポンサーリンク

 

 

まるで別人に変貌した浦久保!!

 

「ラアア!!」

 

2人のメンバーを引き連れ、猛加速する!!

しょっぱなから、めっちゃ離されとるやんけ!!

 

「いっくぞ青八木!!」

「ああ!!」

 

(速い!!何だ!!あいつ!!速い!!

てっきり頭脳戦でくるのかと思った!!

バイクコントロールで滑らかに・・・空気の間をぬうように・・・なんだ!?

スキマをぬうように走ってる!!

加速の次元がまるで違う!!)

 

やべぇwwガチの浦久保クソはえぇじゃん(((( ;゚д゚)))

見る見る差が広がっていくんだが・・・

 

く!!あれが広島、浦久保の本当の走りか!!

 力ワザもできんのかよ!!くそ!!

 けど!!ついていけ手嶋純太!!

 

自身を鼓舞する手嶋!

 

「おおお!!」

 

ここで広島のメガネ君が解説する。

そもそも自転車は物理的に空気のつぶを押しのけながら走っている。

だから、人のうしろは抵抗が減り、楽に走れる。

 

押しのける空気のつぶの量が減るためだ。

浦久保は”それ”を先頭でやれるというのだ。

 

浦久保いわく、空気には流れがあり、薄いところと濃いところが必ずあるらしい。

浦久保のバイクコントロールで、その薄いところを選んで走っているそうだ。

 

メガネはいつだったか聞いた事があったそうだ。

 

『そんなこと・・・理屈はわかりますけど、できるんですか?』

『ナハ!!ワシは海育ちじゃけのう。

 船のせられて、潮目や空気の流れを小っさいころから

 読んできたからのう。ワカるんじゃ。感覚で・・・

 いつも言うとるじゃろ?ワシ空気の読める男じゃ、て』

 

そんな特殊能力もっとったんか(((( ;゚д゚)))

 

浦久保は口は悪いが実力は一線級、空気を切りさき走る姿から

皆からはこう呼ばれているそうだ。

 

空気を割る鮫(エア・チョップ・ド・シャーク)!!

 

だせぇ!!

呉の陸鮫でええやんけ!

 

先頭を走る浦久保に敵はいない・・・か。

 

「ウラアアアア!!」

 

ドンドン差が開いていくんだが、もうダメだろこれww

 

「くっそ!速ぇぇ!!

 さっきスタートした時リセットしたメーターによれば、

 橋のとこまでのこり・・・のこり4km!!

 

 くそ!!スタートの時についた差が詰まらない!

 てか・・・広がってる!!

 

 (デスゲーム・・・”死をかけた闘い”・・・!!

 オレの命はヤツの背中にある!!)」

 

「・・・どうやらヤツら、これ以上ついてこれないようですね・・・

 早くも勝負ありですね!!」

 

おやw?

東村メガネくんwそれはフラグというヤツですか!?

 

もしかしたら逆転あるかもしれんな・・・

ここで青八木覚醒でぶっ壊れるの覚悟で猛追・・・とかかなぁ・・・

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■弱虫ペダル