しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

ネットで稼ぐにはスピード感が大事!いち早くGoogleにインデックスしよう!

f:id:sarapan2014:20170327171408j:plain

こんにちわ!しろんです。

やっぱネットで稼ぎたい人ってのは山ほどいるわけで。

そんな人たちの中で、勝ち組と呼ばれる人たちって、ほんの一握りだと思う。

 

長くネットをやってる人は、ドメインパワーも高いでしょうからね。

本題に入る前に、自分のドメインパワーがどの程度か知ってますか?

ちょいと見てみましょうか。

 

ドメインパワーを調べるにはどうするの?

f:id:sarapan2014:20170311104056p:plain

すみません。さっきからドメインパワー、ドメインパワーと言ってますが、

ドメインオーソリティの事ですね。

オーソリティ・・・権威のことです。

上の英語のサイトで自分のサイトのURLを入れれば、表示されますよ。

 

ドメインオーソリティを調べてみた!

f:id:sarapan2014:20150422100715p:plain

f:id:sarapan2014:20170331172621p:plain

うーん・・・ボクのブログのドメインオーソリティは18と出ました。

正直低いです。この値が100に近ければ近いほど、あなたのサイトはSEO的に有利といえましょう。

 

ちなみに、ボクの使ってるドメインは古いため、18もありますが、

取得したばかりのドメインは、当然1からのスタートになりますので注意が必要です。

 

ドメインオーソリティを上げれないの?

f:id:sarapan2014:20170310080921p:plain

ネットで調べれば、方法はいくつか出てきます。

だけど、正直どんな方法とっても、そんなにすぐはあがらないということ!

 

ユーザーにとって、価値ある記事を量産し、関連記事を纏めたりしていれば、おのずとあがっていきます!

 

すぐに結果が出ないからと辞めるのはもったいないですよ!

じゃぁいよいよ本題に入りましょうか。

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

Search ConsoleのFetch as Googleを使う!

f:id:sarapan2014:20170331173404p:plain

 

いち早く、Googleに記事を書いた事を知らせるにはどうすればいいか?

Search Consoleの機能・Fetch as Googleを使います!

 

そもそもSearch Consoleとはなんぞや?」

 

って人はググルなりなんなりしてください。

とにかくFetch as Googleを使えば、いち早くGoogleにインデックスされ、検索に表示されるのです!

 

Fetch as Googleの使い方は?

f:id:sarapan2014:20170331173800p:plain

難しいことは、ありません。

新しく書いた記事のドメイン以降のアドレスをテキストボックスに入れ、

【PC】もしくは【モバイル:スマートフォン】をセレクトし、【取得】ボタンを押すだけです。

 

その後に↓の【インデックス登録をリクエスト】を押せば完了です。

f:id:sarapan2014:20170331174259p:plain

なんでいち早く知らせる必要があるの?

f:id:sarapan2014:20170311104056p:plain

最初に言いましたが、ネットで稼ぎたい人は沢山います。

新しいネタを掴んで、いち早く記事に仕上げたとします。

 

「一番早く書いたから、検索で自分の記事にガンガンくるぞ!^q^」

 

ノン!

記事は書いたかもしれませんが、Googleがあなたの記事をクロールして、記事がありますと、検索にのっけるかは別問題なのです。

 

ライバル達はFetch as Googleなどを使い、いち早くGoogleに認知してもらい、検索流入でガッポガッポです。

 

逆に言えば、たとえ弱小ブログでも、いち早く記事を書いて、Googleに知らせれば、後々掲載順位は下がるかもしれませんが、最初の頃だけは、ガンガンアクセスが取れる可能性があるということです!

 

まとめ

f:id:sarapan2014:20170310181314p:plain

トレンド系のブログを書いている人は、とにかくいち早くネタをかぎつけ、記事を書き、Googleに知らせる!

これを実践していってください。

 

そうすればブログの認知度も上がり、リピーターも確保できますからね。

とにかくネタは鮮度が大事ですから。

ライバルが腐るほどいる分野は特にですね。

スポンサーリンク