しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】HUNTER×HUNTER No.364「思惑」【漫画感想】

■HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
No.364「思惑」

第一王子の命でクラピカたちの前に現れた王室警護兵ビンセント!

侍女に危険を感じて防衛権を行使したと言っているが、間違いなくウソだろう。

こんな直接的な方法で攻めてくるとは・・・!

 

■前回はこちら

 「おっとォォ!!危ないですよ~~~~~!ええ!」

 

(正規国王軍を兼ねた第一王子の私設兵・・・!!

あからさまな捏造も容易に真実へと変えられてしまうだろう・・・!

ならば、こちらが正当防衛を理由にコイツを倒せばどうなる?

我々がそれをやれば、暗殺犯として国王軍に拘束され、即有罪を免れない!)

 

「それ以上近付くと・・・第14王子殺害計画犯の共謀者と断定し、

 防衛権を行使しますよ!?ええ!」

 

クラピカたちに銃を向けるビンセント。

 

(王妃と王子は最後の従者と共に残され、次の刺客に殺される。

『従者が王子と王妃を暗殺し、自ら死んだ』というシナリオを完成させるため・・・!)

 

クラピカの想定は、まず間違いないだろうな・・・

ビンセントに手が出せないこの状況・・・だからといって何もしないで状況はよくなるとは思えない。

 

クラピカはとりあえず両手を挙げ、敵意がない事を示した。

 

「くくく・・・懸命です。貴方が緊急コールをしたクラピカさんですか?」

「そうだ・・・知っての通り王子を狙う者は大勢いる。

 動機から考えれば、この中で最も危険なのはお前だ」

 

「心外ですね。ええ。

 私の目的は『協力』ですよ・・・?

 現在ここで起きている『問題』を『解決』するために来たのです。

 

 『協力』・・・していただけませんか?

 (そうすればお前達の命は助けてやる・・・)」

 

(・・・クズめ)

 

クラピカの怒りが静かに込み上げていく!!

 

「我々は何があろうと御二人を御守りする」

「・・・」

 

「その為に、ここに在る」

 

クラピカはカラコンを外した。

サイールドから念能力を奪ってからずっと・・・

発動したままの緋の眼が紅く輝く!!

 

奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)は対象の念能力を一時的に奪う事ができる。

先のいざこざでサイールドに能力を使い、サイールドの念能力を得ていた。

 

そして奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)の絶対時間を使うことで奪った能力を解析・一度だけ使うことが出来る様になる。

 

ただし、一度能力をセットすると、奪った能力を一度使うまで強制発動する絶対時間、

クラピカが緋の眼なのは絶対時間の発動条件は緋の眼であるためだ。

 

「信じていただけますか?ワブル王子、オイト王妃」

 

クラピカの問いかけに、今まで泣き叫んでいたワブルがピタッと泣くのを辞めた。

それを見て驚くオイト。

 

クラピカの方へ手を伸ばすわが子の姿を見て、オイトも覚悟を決める。

 

「信じます!!何があっても!!」

 

ビュッ!!

瞬間!!クラピカはオイトに向け、奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)を放った!!

鎖の先端についた注射器はオイトの腕に突き刺さる!!

 

『!?』

その場にいた全員が驚いた。

 

「オイト様、これはアナタの頭と直接交信しています。

 現在アナタと私はクラピカの能力によって繋がっております。

 尚、私に搭載された”裏窓(リトルアイ)”の使用権は

 クラピカからオイト様に移行しました」

 

奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)の発動時に現れるイルカから説明があったが、オイトには状況がすぐには飲み込めずにいるようだ。

当然か・・・。

 

「これは能力を発動するまで有効です。

 尚、私の姿はクラピカとアナタにしか見えません」

「!?!?!?」

 

なるほど。

念が見えるビル、ビンセントにはクラピカが王妃を攻撃したようにしか見えないわけか・・・

 

(王妃を攻撃・・・!?『協力』にイエスという事か!?

!!・・・もう1人の護衛は・・・!?)

 

ビンセントがクラピカに注目している間に、ビルは行動を開始していた!!

すでにビンセントとの間合いを縮めている!!

 

ビルの接近に、ビンセントは持っていた銃で応戦!!

構えたビルの腕を直撃する銃弾!!

 

「ぐっ!!ぬうう!!」

 

全弾命中・・・!!

だが、ビルは念でこれをガードしている!!

 

(半身で急所を隠した上、念でガードしている。銃では止められない)

 

尚も接近を続けるビルに対し、念能力で対処に当たるビンセント!

 

”虚空拳(エアブロウ)”!!

 

「!?(出な・・・?)」

 

ビンセントの念能力は不発!!

そんな彼はすぐに気づいた。

自身の左脚に鎖で繋がれた注射器が刺さっている事に!!

 

(オーラを吸われて・・・!?)

 

(”人差し指の絶対時間(ステルスドルフィン)”!!吸い取った能力を他人に移動させる!!

これにより”奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)”は別の能力を吸い取る事が出来る!!)

 

ビルはこの隙をつき、ビンセントを押さえ込んだ!

奪う人差し指の鎖(スチールチェーン)が相手のオーラを一瞬で吸い込むのか、

はたまた、ビンセントの念容量が少なかったのかは定かではないが、絶状態とは言わずとも、念を帯びたビルと、念を消耗したビンセントでは勝負は火を見るより明らか。

 

「第14王子暗殺未遂の現行犯で貴様を拘束する」

「・・・何を言っている?」

 

この期に及んで何を!?

 

後半に続く!!

スポンサーリンク

 

「警告を無視し、私を攻撃してきたのはお前達の方だろう!!

 私は王室警護兵として王妃と王子の護衛に来ただけだ!!」

 

「私が証言します。あなたがいくら小細工をしようが、奸計で抗おうが

 私達の命を狙い、罪もないサンドラを殺したのはビンセント!!

 あなたよ!!」

「・・・・・・・!!」

 

「御心配なくオイト王妃。私の能力を使えば・・・

 彼は自ら証言台で全てを語ってくれるでしょう」

 

導く薬指の鎖を使えばウソは見抜けるからな・・・

 

ガリッ!!

 

「ぐふっ!!」

 

ビンセントは何かを噛み、急に苦しみだした!!

毒を仕込んでいたのか!

 

「!!どうした!?」

「毒だ!奥歯に仕込んでいたのか・・・!!」

 

「吐かせよう!」

「覚悟の服毒だ・・・手遅れだろう。国王軍に連絡してくれ」

 

「このまま引き渡すのか!?せっかく自白が・・・」

 

その時ビルはクラピカを見て言葉を止めた。

口元で人差し指を立てている。

”喋るな”のサイン。

 

クラピカはビンセントの耳に通信機が装着されている事に気づいたようだ。

その上でクラピカは話し始める。

 

「わかっている。

 ・・・それは確かに残念だが、船内の裁判で片が付く事案ではない。

 彼の自白で即、黒幕逮捕とはいかないだろう。

 

 我々や王妃が裁判に出廷する事で、生じるリスクを考えると、

 第一王子側が静観するならば、こちらも動かない方が得策だ」

 

・・・・・・

・・・

 

『死体をこちらへ動かそう』

『ちょっと待て』

 

バキッ!!

 

「気づかれましたね。通信が途切れました」

 

ビンセントのつけていた通信機から情報を得ようとしていたバルサミルコ。

 

「問題なのは敵の能力ですな・・・銃声の後、わずか数秒間で拘束」

「ビンセントが正常に念を使える状態ならば、2対1とはいえ、

 体術で秒殺されるとは考えにくい」

 

ビンセントってそれほどの手練だったのか?

 

「敵のどちらかがビンセントを何らかの方法で念を使えない状況にしたため、

 やむなく銃で応戦・・・

 そいつ、もしくはもう一方が『自白に持ち込める能力』という事か・・・?」 

 

「逆も考えられます・・・念能力を敵に知られる事を躊躇し、発砲。

 その判断が仇となり、敵に拘束されたとも・・・」

 

いやいや・・・そんな事ってあるのか?

相手は念の使い手って解ってるよな?能力だって未知数・・・

臨戦態勢になってから、敵に能力を知られたくない・・・出来れば使わずに済ます・・・銃で十分だろ!ってどんだけ舐めプなんだよw

 

いくらなんでも、そんてことあるわけないと思うんだけど。

どんだけ無能かって話やんなw

 

「他の兵には防衛権行使の際、速やかに念能力を使う様、指示します。

 気になるのは、やはり敵の能力・・・どうも腑に落ちませんな。

 敵が操作系の能力者ならば多くの場合『口頭での命令』が使われますがそれが無い。

 しかも、ビンセントは発砲も反論も服毒も出来ている・・・」

 

まぁそもそもクラピカに敵の意思を操る能力はない。

いつも使う手段だが、導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)により、ウソを見抜く・・・というのが自白に繋がるのでは?

 

「ブラフの可能性もある・・・と?あらかじめこちらの傍受に気付いていたという事か」

「はい。ただし能力が完全な虚仮とは言えませんが。

 あえて我々に聞かせるためと考えれば、あのやり取りは非常に合点がいきます。

 人間を操作できる能力者がいると匂わせればこちらは慎重にならざるを得ません。

 

 ビンセントが自死を選んでいる以上、奴が死ぬ覚悟を決めるだけの根拠は

 あったと考えるべきですな」

 

うーん・・・

クラピカは

『私の能力を使えば・・・彼は自らの証言台で全てを語ってくれるでしょう』

 

と言ってるんだよな。

これを聞いた直後ビンセントは毒で自死した。

まぁクラピカのいう事を真に受けるなら操作系の能力で操られると思うもんな。

 

まぁつまりこの一言は完全にハッタリってことやね。

クラピカに自白させる能力はないもんな。

できるのは質問を投げかけ、それがウソかどうかを見抜く方法のみ。

 

そもそもウソをついて、例え鎖が回ったとして、クラピカのダウジングチェーンの力が本当かどうかの証明をするのは、これまた厄介な事になるだろうしな・・・。

 

「わずか2名となった護衛が思いの外、任務に忠実で

 厄介な能力を持っているかも知れない・・・か。

 ・・・・くくくく!面白い・・・!!

 バビマイナ、ビンセントの後任についてもらう」

 

「は!」

 

「状況が変わり、任務も変更となる。

 これより貴様に託されるのは失敗の許されぬ最重要任務だ。

 命を賭して遂行せよ!!」

「は!!」

 

また新たな兵か・・・

 

・・・・

・・・

 

(第13王子は常に飼っているハムスターを帯同している。

次の晩餐会で第8王妃にサイールドの能力を発動してもらい、

ハムスターを操作出切る様にする・・・

 

それが可能なら、他の王子の状況を知る絶好のチャンスだが・・・

次の晩餐会まで、ほぼ丸一週間・・・

1時間で150日・・・24時間で10年・・・1週間で・・・

現実的ではないな・・・)

 

クラピカが気にする時間だが、後に判明する・・・絶対時間の代償と関係があった。

”絶対時間”は緋の眼が発動中に使える能力・・・

どの系統においても100%の力を発揮できるというチートだったが、やはりそれに見合ったリスクが伴うようだ・・・

 

絶対時間の制約・・・それは・・・

1秒間につき1時間・・・寿命が縮むというもの!!

 

前回だか前々回だかにクラピカがイルカを出した時、イルカが忠告しようとしていたのはこのことだったか・・・

 

というか、本当にこのままだとクラピカの寿命をイタズラに消耗し続ける事になるぞ。

速いとこオイトが能力を使い、絶対時間を解除が可能にならないとクラピカが。・゚・(ノД`)・゚・。

 

「王妃、大変混乱されている状況でしょうが、その能力には時間的な制限があります」

「・・・あの・・・私は一体何をすれば・・・」

 

「小動物を操る能力は探査活動に最適です。 

 その能力を使い他の王子の動向を探ります。

 理想的な生物はハエか蚊です。

 

 空中を移動できて日常に存在し、比較的目立たない。

 もしも、そのどちらかを発見したら即、ドルフィンに発動命令を出して下さい。

 標的に命中させるまではドルフィンがやってくれます」

 

「クラピカ、そちらの能力を私に搭載しますか?

 そうすればその能力の詳細が知れて使用も可能となり、

 更に再び”奪う人差し指の鎖”も使用可能で一石三鳥です」

 

「・・・

 (確かにドルフィンに能力をセットすれば奪った能力の内容を知る事が出来る上に

 一度のみの使用も可能・・・

 しかし、そのかわり万が一、その能力の発動条件が難易度の高いものだと・・・

 能力の使用自体が困難になり、強制的に”絶対時間”の状態が続く事になる・・・)

 いや、いまはまだいい」

 

確かにそれじゃ死ぬ可能性が高くなるからな・・・

 

「まずは手分けして室内を探しましょう。シマノ電話を頼む」

 

室内に鳴り響くコール音。

侍女のシマノに電話をとらせるクラピカ。

 

「すいません。交換台から貴方と話したいと連絡が・・・」

「誰からだ」

 

「それが・・・同時に3人・・・

 第1王子と第3王子と第5王子です」

 

「!!」

「・・・本来ならば上の王子から受けるのが筋ですが・・・

 現状だと後回しにされた王子は敵対行為と受け取るかも知れません」

 

「確かに・・・先に話した者と共謀したのではと疑われたら否定しても証明できない」

「待たされた王子が電話を切っていたら宣戦布告です・・・!」

 

その時だった。

 

ピンポーーーン!

 

バビマイナの到着・・・!!

3人からの同時通話に、1人の来訪者・・・

混沌は続く・・・!

 

でも普通に考えて、一番敵に回したらヤバイ相手の電話を先に出るべきではないのか?

この場合第1王子な気がするけど・・・

 

もしくは協力的な王子の電話に出て組むか・・・?

第5王子は第4王子と共謀してたよなぁ・・・クラピカは第4王子に接近したい気持ちはあるだろうから、乗っかっちゃうのか?

 

まぁでも第5と第4が繋がってるのは現段階では知らないか。

おもしれぇなハンターハンター!!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■HUNTER×HUNTER