しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】あつまれ!ふしぎ研究部 第42話 「ロッカーのふしぎ」【漫画感想】

■あつまれ!ふしぎ研究部
第42話 「ロッカーのふしぎ」

■前回の感想 

■あつまれ!ふしぎ研究部

ふしぎ研究部の部室にやってきた高浜麗子!

 

「・・・よし、まだ誰も来てないわね。

 いつも部室に立ち入ろうとすると、いつの間にか追い出されてるのよね。

 きっと知られたら都合の悪い物がここにあるはず・・・

 誰も来ないうちに差し押さえて廃部の決定打にしてみせるわ」

 

高浜さんがロッカーを調べてるその時だった!

 

ガチャッ!!

 

「ちわー」

 

大祐がやってきたw

 

ガコッ!ゴトッ!

 

ロッカーに隠れたのモロバレじゃないっすかー・・・

 

「・・・・・」

「・・・・・」

 

(どうしよう、すごい見られてる・・・さすがに今のはバレたかしら)

 

「今日は一番乗りかー。ちょっと早く来すぎたかなー」

(気付いていない!?)

 

(気付いてるに決まってるでしょう。

 明らかにバレてるのに、そこまで平然とされるとツッコミにくいんですよ!

 とはいえ、高浜さんにはいろいろと迷惑かけてるし、

 今回は見なかったことにしますよ)

 

何故高浜さんだとわかったw

 

「おーっす大祐、一番乗りか」

「え、ええ」

 

千晶もやってきたか。

 

「さーて今日もマジックの研究するかー。

 あれー、おっかしーなー・・・

 買い直したステッキが見当たらないぞ。

 こっちかな?」

 

「わーーー!待ってください!」

 

大祐間一髪w危うく千晶がロッカーを開けるところだったな・・・

 

スポンサーリンク

 

「べ、別のマジックにしませんか?」

「なんで?」

 

「そうだ!縄抜けマジック見せてくださいよ!」

「お、大祐からリクエストとは珍しいな」

 

「よーし、じゃあ好きなように縛ってくれ」

「え、俺が縛るんですか?」

 

「タネも仕掛けも無いことを証明するんだから当然だろ?

 今までの借りもあるしな」

 

女子を縛る・・・だと・・・!?

 

「それじゃあ・・・」

「おいおい、緩すぎるだろ。そんなんじゃマジックにならないぞ」

 

こ、これは・・・なかなかどうして(((( ;゚д゚)))

なんかスケベだなぁ・・・( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 

(ロッカーから不健全オーラが漏れまくってるんですよ・・・!)

 

それかw

そこに今度は鈴がやってきた。

 

「何してるの?」

「えーと・・・縄抜けマジック?」

 

「よーし、じゃあ行くぞー!」

「・・・あれ?」

 

鈴が何かに気づいた。

 

「なんか監視カメラに風紀委員映ってるんだけど」

 

(しまったー!

 ふしぎ研究部の犯行を抑えるはずが逆に私の犯行が撮られていたなんて・・・

 決定的証拠も残って私の風紀委員としての立場もおしまいだわ!

 

 もう、ここにいるのがバレるのも時間の問題・・・

 ここに潜入していたことを正当化できる何か大義名分がないと・・・!)

 

(高浜さん・・・俺ができるのはここまでです。

 諦めてください・・・)

 

千晶をギュンギュンに縛り上げた大祐だったのだが・・・

 

「おらぁーーーー!!!」

 

なんと縄を引きちぎった・・・どころの話ではない(((( ;゚д゚)))

 

勢いあまって千晶の制服がパージしてるww

 

「っしゃー!見たかコノヤロー!」

「いやいや服!服!」

 

大祐、おっぱぃガン見wwww

 

「見るなコノヤロー!」

「理不尽っ!」

 

鉄拳制裁ww

 

(この状況は・・・えーとつまり・・・)

 

大義名分ができた!

 

「そこまでよ神田千晶!」

「うわ!びっくりした!なんでそんな所にいるんだよ!」

 

「現行犯で捕まえるために潜入捜査をしていたのよ!

 こうなることを予測してね!公然猥褻罪であなたを連行するわ」

 

「くそう・・・こんなことになるとは・・・」

(大祐君・・・この恩は忘れないわ!)

 

「大祐・・・この恨み忘れないからな」

 

ヒェ・・・!

でもまぁ結果おっぱぉが見れてラッキーな大祐だった。

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■あつまれ!ふしぎ研究部