しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

ぼくらの勇気未満都市2017面白かったwまさか金田一ネタと銀狼ネタが見れるとはw

f:id:sarapan2014:20170721230142p:plain

いやぁ、どういうドラマ展開になるのかと思ったけど、まるっと新規シナリオでしたね。

20年後の再会を誓ってたんだっけ。

全く覚えてなかったけど、作中でそういう約束をしてて、この度リアルに20年後の世界で再びウイルスが目を覚ます・・・という話。

 

15年前に打ち上げたロケット?の墜落地に図書館を建設するって話が持ち上がる中起きた、謎の怪死事件。

建設に関わっていたアキラはすぐに原因が例のウイルスだと気付き、建設を辞めさせようとするも、今までかけてきた5000億円という金を無駄に出来ないと隠ぺいを図る。

真実を知ったアキラも政府に職を奪われ逃げ回る借金生活w

 

その5年後・・・

再会するヤマトとタケル。

20年という月日が二人をすっかり大人へと成長させていた。

彼らだけではない。

 

モリやキイチ、スズコも仕事や家庭を当たり前に持つ大人になっていた。

あの頃はやれた無茶も、現実には出来ない年齢だ。

 

そんな中、知ってしまうウイルスの事実・・・

ヤマトたちは大人として現実から目を背けて生きるのか?

あの頃のように全て投げ出し、政府に立ち向かうのか?

スポンサーリンク

 

結局、ヤマトもタケルも見て見ぬふりは出来ず立ち上がる。

巻き込まれる形でバスの運転手のキイチ、モリとアキラも協力を決める。 

 

大人が感染すれば即命を落とす危険なウイルス。

死を覚悟しつつ採取を決めるヤマトの代わりに立ちあがったのがヤマトが受け持つ生徒と、そのネット仲間たち。

 

子供は発症しないという点を踏まえ、彼らにウイルス採取を任せ、最終的にはヤマトとタケルがバスジャックをしたという事で自首。

 

その後、アキラとモリが政府に取引を持ちかけ、建設を中止させた。

ヤマトとタケルも、超法規的処置として釈放。

これが正しい選択だったのかはわからない・・・また20年後に、その答えが出る・・・

 

と、フラグを立てつつ、終わりましたね。

 

f:id:sarapan2014:20170721231729p:plain

最後には

「ジッチャンの名にかけて!」

と、金田一パロが入り・・・

 

f:id:sarapan2014:20170721231826p:plain

「俺に不可能はない!」

と銀狼の名台詞が飛び出すことにw

 

今の若い子は絶対解らないよなw

20年か・・・僕は当時14歳か。

ほんとあの頃のドラマは面白かったな。

 

あの時代に生きれたことをホント喜ばしく思いますわドーン゚A`)≡〇)`Д゚).・;'∴

スポンサーリンク