しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】HUNTER×HUNTER No.366「其々」【漫画感想】

■HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)
No.366「其々」

第3王子との接見に応じたクラピカ。

この選択がどういう結果をもたらすのか・・・

 

■前回はこちら

ブラック・ホエールが出航し4時間が経過した頃・・・

 

1013号室・・・

ハンゾーはビスケに小声で耳打ちする。

 

「ビスケ(アレ・・・確実にデカくなってるよな?)」

「ええ(アタシ達が視えてる事にも気付いてるわさ)」

 

二人が言っているのは第13王子マラヤームに憑いている霊獣の事。

竜のような霊獣はかなり巨大・・・。

今の所、何かする様子はないが・・・。

 

そういえば、ハンゾーは第12王子・・・モモゼの護衛だったが、

追っ払われて、第13王子の護衛に納まったようだな。

いや、追っ払ったんじゃないか。

 

モモゼと、マラヤームは母親が同じで、母親がわがまま言ってこういう状況になってるわけか。

 

1012号室の寝室にモモゼの護衛はなく、彼女は、すやすやと眠りについている。

 

寝室の前・・・もしくは1012号室の前には4人の警護兵が。

そして別室には警護兵が二人、仮眠のふりをしている・・・

 

いつでも暗殺出来る状況は整った・・・!

 

しかし、王族暗殺犯は国王軍に捕まれば一族もろとも処刑されてしまう。

絶対に捕まらずに、且つ自分が実行犯である証拠は残す・・・!!

次代国王の最重要職に就くため!!

完全犯罪と秘密の暴露が暗殺の絶対条件!!

 

ふーむ・・・誰がやったのか証拠を残しつつ、絶対に捕まらない・・・か。

この状況って次代国王が決定するまでは重罪人だが、国王が決まった瞬間に英雄に代わるパターンって事なのかなぁ。

 

いやーこの状況じゃムリだろw

だって護衛は・・・

 

警護兵ビクト  /第1王子私設兵

警護兵ニペイパー/第2王妃所属

警護兵ブラッヂ /第3王妃所属

警護兵ラロック /第4王妃所属

警護兵タフディー/第5王妃所属

警護兵ナゴマム /第6王妃所属

 

これだけの警護兵がモモゼの命を獲ろうと躍起になってるんだろう。

いわば警護という名目の敵対関係・・・互いに牽制しあって動けないんじゃないのか。

 

・・・・・

・・・

 

1011号室・・・

 

第11王子フウゲツは第10王子カチョウとの仲良し2ショットの写真を見ながら涙を浮かべている。

 

フウゲツの護衛は二人・・・

第6王妃所属のリョウジとバチャエムだ。

 

「・・・」

「(おい・・・今からそんなに気ィ張ってるともたないぞ。

 まずはオレ達のシフトを変えてもらわないとな)」

 

バチャエムは無口のリョウジにヒソヒソと喋りかける。

 

「(第11王子様を本当に守ろうとしているのはオレ達2人だけ。

 他の連中は良くて監視役、悪けりゃ暗殺犯・・・)」

 

・・・・・

・・・

 

1010号室・・・

 

「不味いっ!!こんなモノ貧民街(スラム)のイヌでも食べないわ!!

 さっさと作り直して!!あーもう!!給料分くらい働いてよね!!グズッッ!!」

 

大荒れの第10王子カチョウ。

ちょうど、ここの護衛を担当するセンリツは侍女や護衛の心の声を聞く。

 

(早く殺されればいいのに・・・)

(オレ達も第11王子様の方が良かったなァ)

(双子なのになぜこうも・・・)

(ああイヤだイヤだ。早く辞めたい)

 

センリツは思った。

カチョウが自分を偽ってまで、これを望んでいる事なら、こんなの絶対に間違っている・・・と!!

 

・・・・・

・・・

 

1009号室・・・

 

「・・・」

 

ベッドで目を覚ましたのは第9王子ハルケンブルグ。

 

「!」

 

目覚めたばかりだが、何かを思い出し、急いでベッドから飛び起き、走り出した。

バンッ!!

 

扉を開けたそこには・・・

 

「あ、王子!お目覚めですか」

「御気分はいかがです?」

 

そこには無事でいる護衛たちの姿があった。

 

「・・・・」

「王子?」

 

(夢・・・だったのか?あれは・・・しかし、オレは確かに・・・・・)

 

そう・・・ハルケンブルグは確かに目撃したのだ。

全滅し地に這い蹲る護衛たちを・・・!!

 

そんな中、気付く。

自身の左手の甲に鳥の羽の様な紋様が浮かび上がっていることに・・・!

 

(確かにあった・・・!何か・・・が!!)

 

・・・・・・

・・・・

 

1008号室・・・

 

「サレちゃん!いい加減にしなさい!!

 第5王妃系、唯一の王子なのよ貴方は!!少しは自覚して頂戴!!」

「エー・・・わかってるよママ」

 

第8王子サレサレ・・・

あいも変わらず色に狂った男。

両脇に女を抱き、ベッドの上で寝ぼけ顔。

 

「全くわかってません!!この継承戦は千載一遇のチャンスよ!?

 ママも勿論全力で後押しはするけれど、まずは貴方が心を入れ替えないと!!

 一番最初に脱落しちゃうわよ!?」

 

「そっちこそ少しは信用してほしいなァ。オレはママの子だよ?」

 

うぜぇ顔しやがってw

 

「あら、何か考えがあるのね」

「当然さ。次の晩餐会、世界が変わるぜ?」

 

変わるのか?w

 

・・・・・

・・・

 

1007号室・・・

 

第7王子ルズールスが煙草かなんかをふかしている。

 

「こいつ・・・本当に完全な合法なのか?」

「ガチさ。HPにレシピも載せてる”キレイなハッパ”だ」

 

バショウが護衛だったか。

しっかし、おいおいw脱法ハーブみたいなの吸ってるのか?

合法らしいけどw

 

「ハゲタカ対策に一応特許はとってるが、個人で楽しむ分にはオールOKだ。

 オレも色々入れてきたが行きついたのがコイツだよ」

 

おいおいwバショウそうなのか!?w

というかやっぱただの煙草だよな?

 

「不思議とヘビィなスモーカーほどキマるみたいで友達は皆、健康になっちまったぜ」

「ほぅ・・・」

 

「どうした?」

「いや・・・麻薬中毒者の更正に使えんじゃねーかと思ってよ」

 

「!」

「やっぱネックは第1王子だな。たしか薬関係は軍の管轄だったハズ・・・

 いや~こないだ知り合いが完全にぶっ壊れてよ~。

 やっぱやり過ぎは良くねーよな」

 

こいつってチャランポランな風体に似合わず、王子の中ではまともな部類じゃね?

頭も良さそうだ。

 

「健康調査のための臨床実験したとして、その結果、公にして大丈夫か?」

「・・・勿論さ。あんたが国王になるのが一番早道じゃねーのか?」

 

「そんな甘くねーよ!」

 

中編に続く!!

スポンサーリンク

 

1006号室・・・・

 

第6王子タイソンの部屋・・・

 

「タイソン・・・」

「経典すか?」

「ウフフそうよ(はぁと」

 

タイソン経典ww

 

「全人類がタイソン教徒になった時!!

 真の世界平和が訪れるの!!貴方達も読んでみて!!

 読んだらわかるから(はぁと」

 

「・・・・・・・どれどれ」

 

イズナビがタイソン経典を開いてみた。

 

1章 必ず最後に愛は勝ちます(はぁと

 

イズナビの顔wwwwwww

 

「なるほど、アッチ系っすね」

 

イズナビの相棒、ちょっとイケメンチックじゃねぇか。

 

「(ある意味すごい人ではあるよな・・・この危機的状況で)」

「(さも読んだかの様に作品をホメるコツ教えましょうか?)」

 

・・・・・

・・・

 

1005号室・・・

 

第5王子ツベッパの部屋・・・

第1王子私設兵・警護兵ブッチが張り付いているようだな。

顔が完全にカバっぽい・・・

 

「こちらマオール。問題は解決したか?

 ・・・では私がこれよりそちらへ向かう」

 

クラピカと交渉してた男か。

 

「1014号室へ向かいます」

「お願いね。全てを話すとは思えないから、

 ここから数回の面談で彼の処遇を判断してちょうだい」

 

「は!」

 

そんな中、1014号室に入り込んだ第1王子の私設兵バビマイナからブッチに通信が入る。

 

「こちらバビマイナ。任務実行中」

「カチッ!」

 

なんだこのブッチとかいうの・・・なんかヤベェぞ・・・

 

(目障りだけど、上位王妃の監視を強制的に排除するのは困難・・・!

 まずはブッチ(こいつ)を何とかしないと・・・)

 

・・・・・

・・・

 

1004号室・・・

第4王子ツェリードニヒはテータの指導の元、念の習得に励んでいる模様。

 

「両手を胸の前へ。中央にボールを浮かべているイメージです」

「ホイよ」

 

「まずは10分を1日3セット。10日間やります。

 早ければ5日から一週間くらいで」

 

「感じた」

「はい?」

 

「オーラ感じた。次行こう」

「・・・王子?いくら急ぎたいからといって」

 

「いやいやホントだって。じゃ見ててくれよ。

 右手にボール。左手にボール。人差し指にささってる。あってる?」

「・・・・・(何てこと・・・!)」

 

この人・・・天才だ・・・!!

 

やべぇじゃん・・・

てか、まだ自身のオーラが見えてない段階なんだな。

当然か。出来る事なら習得を遅らせたいくらいだものね。

 

ゴンとか、キルアは、直に念を受けてこじ開けたけど、本来はこういった地道な手法でオーラに目覚めていくのが正しい念の覚え方なんだろうなぁ。

 

後編に続く!!

スポンサーリンク

 

1003号室・・・

 

「私は別に構わないが、第1王子と第5王子からも連絡があったのだろう?

 この後も予定があるのではないかね?」

 

上手いな。第3王子チョウライ。

私は別に構わない・・・そうは言っても、第1王子の私設兵と第2王妃の所属兵がいる前で念についての情報は出来れば話してほしくは無いのが本音だろうからな。

クラピカを使って、この場での言及を上手く回避できたな。

 

「ええ。誠に心苦しいのですが実は・・・」

「よいよい。その話はまた機会をみてゆっくり聞くとしよう。

 人手も足りていないと聞いたが・・・?」

 

「はい。敵の念獣とおぼしき攻撃で警護人の殆どがやられてしまいました」

「私の私設兵を2名出向させよう・・・安心したまえ。

 非常に優秀で君達の良き相談相手にもなってくれるだろう」

 

「有難うございます」

 

チョウライの護衛は

第1王子私設兵コベントバと、第2王妃所属のスラッカ。

 

下位王子の監視報告をまとめるのは、第1王妃と第2王妃所属兵の役目・・・

故にどちらかか、あるいは両方が王子の側で警護する。

本来折り合いが悪いはずの両警護兵が相互協力し、機能しているのは・・・

第2王妃様の存在が大きい。

 

王妃様は何事にも控え目な方で、警護兵にもサポート役に徹する様にと指示されている。

それだけでは第1王妃の兵が好き勝手に情報を独占してしまう為、

マンダム隊長(第2王妃所属警護兵隊長)が上手く調整役を果たしている訳だが・・・

『今回の様なケース』は想定に含まれていない・・・!!

 

下位王子の側近同士によって、最高レベルの機密情報の交換が成される・・・!!

(これはクラピカと第5王子の護衛・マオールとの情報交換の事を指しているのだろう。)

 

その内容を知るため最優先任務である王子の監視から離れる事が出来るのはどちらか1名・・・!!

本来なら第1王妃の警護兵が行くところだが、1つ問題がある・・・!

今回の様に相手の方も、こちらの動向を知っているケースでは高確率で囮や偽情報等のトラップが待ち受けている・・・!

 

どちらの方が真の情報を得やすいか・・・!?

 

「サカタ!ハシトウ!次の晩餐会まで第14王子を警護せよ!」

『は!』

 

顔で優秀さは判断できないが、チョウライ推薦のこの二人・・・

とても優秀そうにみえねぇぞww

 

そんな中、コベントバが何か指示を受けたようだ。

 

「スラッカ、王妃令だ」

「は・・・」

 

「私はここで王子を警護する。君はあの2人をサポートしてくれ」

「(第3王子に張りついた方がいいと読んだか・・・)了解した。

 王子、第1王妃の階令によって」

 

「よいよい。私に確認などいらんよ。

 下位王子(私ごとき)の警護より重要な事が沢山あるんだろ?

 好きにしたまえ」

 

「・・・失礼します(ケッ・・・)。

 よーーーーーーーーォ!お供させてもらうぜェ。

 頼むから何か情報入ったらオレにも教えてくれねーかなァァ」

 

うぜぇ・・・コイツ態度でけぇな・・・

 

「任務が失敗したらオレクビかもなァァ!

 無職になったらヤケになって何すっかわかんねーからなァ?」

『・・・・』

 

サカタとハシトウ・・・優秀じゃないとか言っちゃったけど、

こりゃ優秀かもしんねぇな。

このチンピラ相手にも全く動じていない・・・

 

変な顔だが強いかもしれないな・・・

 

・・・・・

・・・

 

1002号室・・・

第2王子カミーラと食事をする母親・第2王妃ドゥアズル。

 

「でね。ミウゼンとコーチパイの冬物は全部買っておいて。

 この間みたいに期間限定のコラボも見落としたりしないでよ!

 ハリーウェブの夜光虫シリーズはとりあえず私が見て決めるわ。

 ねェママ聞いてる?」

 

「ええ。聞いてますよ」

「あ、そうだ。ところでさ。

 最初に第1王子で次に第9王子殺すけど、いいわね?」

 

「・・・それは・・・私に確認する事ではありません。

 貴方達・・・王子同士で決める事よ」

 

「ママ・・・何か勘違いしてない?

 これは確認じゃなくて、指示なの!

 ママの方が第9王子に近づき易いでしょ。やって!」

 

「・・・貴方なら」

 

・・・・

・・

 

『・・・貴方なら、私などの力を借りなくても、やり遂げる事は容易でしょう?』

『わかってるわよ!そんなこと!より簡単にやりたいって言ってるの!』

 

カミーラとドゥアズルの会話を盗聴する男・・・

 

(ククク。オレを警護からしめ出しても無駄な事。

 オレの”裏窓の鳥(シークレットウィンドウ)”でお前等の会話は筒抜け・・・!!

 だが、会話だけでは決定的な証拠とは言えない。

 物証と・・・言い逃れの出来ないタイミングでの確保が望ましい!

 そのためにはやはり・・・第2王子本人に鳥を飛ばす必要がある・・・!)

 

第1王子私設兵・ムッセ・・・念能力者か。

 

・・・・・・

・・・

 

1001号室・・・

 

「電話は拒否しながらも、バビマイナは招き入れている・・・

 第1王子様、これをどう見ます・・・?」

 

「現状の的確な把握と覚悟、しかも冷静だ。

 全面戦争は不可避と自覚しながらも、

 こちらに余計な口実を与えない様に配慮している。

 

 守りながら攻める構え・・・!

 もしかしたら我々の戦力を一人ずつ削っていく好機とさえ思っているかも知れぬ。

 まぁ、こちらはそう思ってくれた方が好都合だがな」

 

「膠着が連中の狙いならば迎撃型(カウンタータイプ)の

 バビマイナとの交戦はまずないでしょう。

 その間に上手く相手の能力を探り出す事が出来たならば・・・」

 

「自分の出番ですね」

 

第1王子私設兵・ヒュリコフ。

すげぇアゴヒゲゴリラかw弱そうw

 

・・・・・

・・・

 

1014号室・・・

 

ピンポーン!

 

「ビルだ。今開ける。・・・ああ、動きはない」

 

バビマイナはあくまで行動は見せず・・・か。

カウンタータイプらしいから、こっちが何もしなければ大丈夫なんだろうか。

 

クラピカと王妃・王子が3人の護衛を連れて帰還。

 

「お。第1王子殿の兵隊はもうすでにいたって事か。

 第2王妃所属兵スラッカだ。ちっと確認事項があるんだが来てくれるか?」

 

スラッカはすぐ死にそうだな。

 

「異常なしだ。彼等は?」

「第3王子の私設兵2人と第2王妃の所属兵だ。

 第3王子の2人は任務上こちらに協力的だが、第2王妃所属兵の方は、

 トラブルメーカーになりかねないから、注意してくれ」

 

クラピカもスラッカの言動からトラブルメーカーだと感じたようだな。

 

・・・・・

・・・

 

「了解した・・・。

 オレがサカタにつくから、君はハシトウの動向をチェックしてくれるか?」

 

「おう!あんたは無愛想なコベントバ(ハゲ)と違って、

 つき合いやすそうだな。よろしく頼むぜ」

 

スラッカは馴れ馴れしく、バビマイナの肩を叩いた。

 

「フン」

 

と、見えないとこで肩を払うバビマイナw

ドンだけ嫌われものよwスラッカw

 

・・・・・

・・・

 

(・・・・まずいな。この状況で王妃に能力を使わせる訳にはいかない。

 強制的な”絶対時間”が一体いつまで続くか見当がつかないぞ)

 

「(あの・・・事情が大分変わりましたけど・・・

 もしも小さな生物を見つけたらこの場でも・・・?)」

「(いいえ。敵の警護兵の前で能力を使うのは大変危険です。

 もし小動物を見つけたら、私とビルとで発動できるタイミングを何とか作りますから)」

 

小声で王妃とやりとりするクラピカ。

 

(何よりも本当に条件にあった生物は見つかるのか・・・!?

 甘かった・・・!

 この能力・・・!

 この条件・・・!

 想像よりはるかに危険な毒・・・!!

 

・・・・・

・・・

 

37564号室・・・?

大人数が一同に解するフロア・・・

ゴキブリを踏みつぶした男が呟く。

 

「ったく、コイツらだきゃ、どこにでも潜り込みやがる」

 

これは伏線か?ゴキブリ・・・

 

「!・・・どうした?アンタ、ひでェカオしてるけど」

「・・・・そうですか・・・?」

 

「今にも誰か殺しそうだぜ」

 

男が話しかけた男こそ・・・クロロ・ルシルフル・・・!!

幻影旅団の団長・・・!!

この悲しみに満ちた表情・・・コルピトやシャルナークを失った事を知ったとこなのかねぇ・・・

 

「アンタも今まで色々あって、この船にたどり着いたんだろうけどさ、

 いざ乗っちまったらさ、もう浮き世の柵なんて、ぜーーーんぶ忘れちまいなよ!」

 

「・・・・・難しいですね。

 柵は・・・忘れるものではなく、断ち切るものなので」

 

もう・・・

全く展開が読めない。

面白すぎる・・・!!

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

 

■前回

 

■次回

 

■HUNTER×HUNTER