しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】コード・ブルー3期4話 臓器を待つ子供の1000日間て・・・【ドラマ感想】

f:id:sarapan2014:20170717222819p:plain

今週のコードブルーも面白かったです。

ちょっと悲しい話だったけどなぁ。。

 

■前回はこちら

 

藤川と冴島結婚へ!フライトナースも一旦終了!

藤川先生と冴島は結婚することになったようだ。

子供の為にもフライトナースは雪村双葉に任せ、内勤を務める事に。

 

橘先生の子供が急変

心臓が悪い息子さんが吐血。

胃炎とか言ってたっけ・・・子供で胃炎を起こす程のストレスを日々抱えてるんだな・・・

何とか無事助かったみたいでよかった。

 

首にアイスピックが刺さった少年((((;゜Д゜)))

BBQだかでコンロが爆発したとかで子供と親がケガ!

藍沢・名取・新人フライトナース雪村で現場に急行!

 

特に重傷の子供を診ると・・・なんと首にアイスピックが刺さってる((((;゜Д゜)))

ヘタに抜いたら危険という事で、このまま搬送!

 

結構難しい手術に

アイスピック少年はかなり難しいオペになりそうとのこと。

そこで脳外科のエース・新海と藍沢がタッグを組んで手術に挑む。

天才二人によるコンビネーション・・・手術は無事成功! 

スポンサーリンク

 

天才ピアニストの少女は未だ決断できず

早急に手術をしなければ命が危ない・・・

しかし、手術をすればピアノは弾けなくなってしまうかもしれない。

かなりしんどい体にも関わらず手術を決断できないのは、それだけピアノにかける思いが強いのだろう・・・

 

論文を奪われ、居場所も奪われる

緋山先生は論文を奪われ、元いた居場所も奪われ、救命から戻れなくなってしまい落ち込んでしまう。

そんな中、前回釣りでこけて手が麻痺した料理人登場!

どうやら職場からも見捨てられてしまったようだな・・・

 

臓器提供を待っていた少年の死

橘先生のお子さんと同じくらいの年の少年の容態が急変。

緊急手術を行うも、救う事は叶わなかった。

 

ドナーを待つ子供たちはたくさんいるそうで、見つかるまでに、だいたい1000日はかかるそうだ。

今回亡くなった子は800数日、橘さんのお子さんに至っては600数日だそうだ。

 

すでに限界が近いと言われる中、1年以上待たなければならない現実・・・

亡くなった少年も、移植手術の日を待ちに待って・・・結果間に合わなかった。

 

親を想う子、子を想う親

橘先生のお子さんは、自分が一番つらい状況にある中で、気丈に振る舞い、親を心配する出来た子供。

感情のままに泣くことさえも、体の負担になり出来ない。

どれほど辛いことだろうか。

 

何とかハッピーエンドを迎えてほしい。

 

・・・・

・・

 

新人ナースの雪村双葉は、技術面ばかり追いかけて、ナースの優しさや安心感というものが欠けていた。

そこを的確にアドバイスする冴島はるか。

いつの間にか大人になっちまったねぇ。

 

・・・

・・・・

 

緋山先生は、あのシェフといい感じになるも、シェフの妻登場で波乱の予感w

既婚者だったんかよw( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン 

まぁイケメンで1流シェフで・・・そりゃほっとくわけないわなw

 

そして藍沢先生は天才ピアニストの少女を説得!

たとえピアノが弾けなくなったとしても、君ならリハビリできっと今のように弾けるようになる・・・だから手術を受けるべきだと・・・

 

少女は藍沢先生が手術することを条件に、手術に同意したようだ。

本当はこういう安請け合いをすると、後々訴えられたりする現代・・・

 

藍沢先生は例え将来的に恨まれようが、救える患者をそのまま死なせる事がどうしてもできなかったと語る・・・

 

次回に続く! 

スポンサーリンク

 

■前回

 

■次回