しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】実は怖い・・・映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』【感想】

f:id:sarapan2014:20170818145332j:plain

朝一で見にいってきましたよ!

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

 

予想に反して、男カップルばっかですね^q^モホォ・・・

いやぁマジで男率ハンパないでしょ!隣も前も男男男!!

 

お前等、これ男同士で見る映画ちゃうぞw

モホガキ多すぎィ!

 

思ってたよりも、かなり微妙な作品でガッカリした

f:id:sarapan2014:20170818145927p:plain

まず全体的な総評だけど、個人的にはかなりガッカリだったかな・・・

いや、期待値が高すぎたのかもしれない。

僕はこの作品を見て『きゅんきゅん』したり、『恋愛したくなる』とか、『泣ける』とか・・・そんな事を思っていたのだけど・・・

 

正直そういった思いは全く無かったですね。

人それぞれだとは思うのだけど・・・うん。

 

で、人によっては気になると思う声優!

まずヒロインの及川なずな役の広瀬すず。

ほぼ違和感なしです。

声がそもそも可愛いし、なんだろホントに自然と馴染んでた。

 

劇中で瑠璃色の地球を歌うシーンがあるのだが、すげぇ歌が上手いんだなぁって思った。

まぁ曲自体が名曲なんだけど、凄くよかったです。

 

f:id:sarapan2014:20170818150943p:plain

次にもう一人の主人公・島田典道(のりみち)の声優が菅田将暉。

菅田将暉君も良い声なんだが、所々違和感もあるも、まぁ慣れるかな。

そこまで酷くは感じなかった。

 

他の声優陣も、申し分ないです。

 

総評

映像      /☆☆☆☆☆:5/5点満点

ストーリー   /☆☆☆★★:3/5点満点

音楽      /☆☆☆★★:3/5点満点

キャラクター  /☆☆☆☆★:4/5点満点

もう一度見たい?/劇場にもう一度見にいきたい!5点

        /DVD買います!4点

        /地上波放送があれば見ます!3点

        /付き合いで見るのであればみるかな!2点

        /二度と見るかよ!1点

なんだろうか・・・うん・・・

 

んじゃま、ここから先はネタバレになります。

スポンサーリンク

 

片思い・・・複雑

f:id:sarapan2014:20170818152254p:plain

物語の舞台は茂下町(もしもちょう)という海辺の町。

これは『もしも・・・if』から来てる名称なんでしょうね。

 

夏休み期間中の登校日・・・

嫌々ながらも登校する典道。

自転車で学校に向かう中、同級生達と合流し、学校までの競争になる。

 

そんな中、海辺に一人佇む美少女・及川なずなと目が合う典道。

典道は、なずなの事が好きだ。

 

しかし、彼らはまだ中学一年生・・・

自分の気持ちに正直になれず、友達の前では決して好きとは認めない。

親友の安曇祐介もまた、なずなに気持ちを寄せ、こちらは典道に素直になずなを好きだと言っている。

 

告白しろと典道はアドバイスをするのだが、振られるのが怖いからとはぐらかす。

でも祐介の本心って多分・・・なずなを好きな典道に遠慮してるんだろうなって感じ。

 

ここで典道や祐介、なずなの担任の三浦先生にも触れておかなければならない。

めっちゃパイオツカイデー^q^

 

目の保養できました。

 

プールでの勝負

f:id:sarapan2014:20170818153546p:plain

典道と祐介は登校日にプールの掃除を任されていたようなのだが、プールサイドには水着のなずなの姿が。

「なずな見たら、うんこしたくなった!」

 

と、ブラシを典道に預け、トイレに向かう祐介。

あれって典道となずなに気を遣ったってことなのかなぁ。

 

実は、なずな・・・この時点で担任の三浦先生に転校する旨を伝えていた。

なずなの母親が再婚するようで、そのために夏休み中に転校することになったようだ。

 

なずな自身、この町から出て行く事に納得はしてないのだろうけど、

どうにもならない現実に、呆然としていたのかもしれない。

 

二言、三言会話したところで、祐介が戻ってきた。

そして典道に50mの水泳勝負をしようと持ちかける。

 

典道が勝てば、ワンピースの最新刊、祐介が勝てば・・・

「なずなに告る!」

 

動揺する典道だったが、そこになずなも混じりたいと言い出した。

自分が勝ったら、なんでもいう事を聞いてもらう・・・と。

 

そして始まった水泳バトル。

なずなはぶっちぎりの一位・・・そして二位は、祐介だった。

典道は25mの折り返し地点でカカトを思い切り激突させ、泳ぐどころではなかったようだ。

 

典道が泳ぎきる前にゴールしていたなずなは、祐介がゴールした瞬間にお願い事をする。

今日の花火大会に2人で行こうというのだ。

なずなは祐介の事が好きだと告げた。

 

両思いだと知って撃沈する祐介。 

 

花火は横から見たら平べったいのか、丸いのか論争

f:id:sarapan2014:20170818155039p:plain

プールから教室に戻ると、クラスメートの純一、和弘、稔がもめていた。

聞けば花火を横から見たら丸いのか?平べったいのか?

和弘は一人、丸いだろうと言い張るが、稔と純一は平べったいと言い張る。

 

ここで夏休みの宿題と、三浦先生のパンチラ写真を賭けて、論争に決着をつけようということになった。

 

夕方5時に集まって、花火を横から見るために灯台にいくことになった典道たち。

解せないのは夕方5時に迎えに行くと、なずなに言われたはずの祐介がノリノリで参加すること・・・

なずなとの約束はいいのか・・・?

 

・・・・

・・・

 

典道が帰宅すると、祐介が勝手に家に上がりこんでゲームしてた(((( ;゚д゚)))

いくら親友だからって不法侵入とかやばすぎだろww

医者の息子は、なに考えてるかわかんねぇw

 

結局17時近くまで、2人でゲームして過ごす・・・

と、ここで典道のカカトの怪我をダシに、典道にオヤジのトコで見てもらって来いとしつこく言う祐介。

 

ここで初めてなずなに花火大会に誘われた事を告げ、しかも自分はなずなの事なんか好きでも何でもないと言い出したのだ。

んでもってお前が代わりに断っておいてくれと・・・祐介はそういうのだ。

 

これって、完全に典道に遠慮したって事なんかな・・・

 

はじまり・・・

f:id:sarapan2014:20170818161427p:plain

結局、典道は祐介の親の病院へ、祐介は仲間達の待ち合わせ場所へ。

 

病院には浴衣姿のなずなが祐介を迎えに来ていた。

デッカイ鞄を持って・・・

 

・・・・

・・・

 

遡ること少し前・・・

なずなが帰宅した際に、再婚相手と出くわしただけでなく、転校手続きの事とかも話していた。

どうも、聞いてると、母親がクズっぺぇなww

 

なずなは友達が少ないし、彼氏もいないから、引っ越すことに何の支障もないとかw

こいつ自分勝手すぎひんかw

 

・・・・

・・

 

典道は祐介が来ないことを、なずなに告げると、なずなは出て行ってしまった。

そんななずなをほっとけない典道は後を追う。

 

そして、なずなから転校の話を聞かされた。

ショックを隠せない典道。

彼女はどうやら家出するつもりのようで、この荷物みたいだ。

 

話の流れで、今日の水泳勝負の話に。

どうやらなずなは典道が勝つと思っていたようだが、あては外れて負けてしまった。

 

「もし島田君を誘ってたらどうした?」

 

祐介を誘ったが、この通り逃げてしまった。

もし最初から典道を誘っていたら・・・典道はどうしていただろうか。

 

そんな時だった!!

 

なずなの母親が、なずなを連れ戻しに来たのだ。

腕を掴み、引っ張っていく母親・・・典道に助けを求めるなずな・・・

 

何もすることが・・・出来ない!!

気付いたら、なずなは連れて行かれた後だった。

 

丁度その現場を、目撃した仲間達。

祐介たちは4人で灯台に向かわず、ひとまず典道を連れにやってきたところだったようだな・・・

 

何も出来なかった自分への苛立ち、そして、逃げた祐介への苛立ち・・・

それらを拳に乗せて、祐介の頬を思いっきりぶっ飛ばしていた典道。

 

もしも・・・あの時、俺が勝ってたら・・・

 

いいようのないもどかしさに、なずなが海辺で拾った不思議な玉を思いっきり投げつける典道・・・

 

するとどうだ!

時間が巻き戻り、プールの勝負の場面に移り変わった。

 

記憶を持たぬまま2周目に

f:id:sarapan2014:20170818164636p:plain

前回の記憶を持たぬまま、今度は典道がプールの勝負に勝利・・・

そしてなずなと2人で花火大会に行く約束をする。

 

その後、例の花火を横から見たとき丸く見えるのか、平べったく見えるのか論争が起こり、結局検証のために集まって灯台に行くことになった。

 

・・・・

・・

 

典道が帰宅後、祐介が遊びに来た。

17時までの時間をつぶすようだが・・・

祐介になずなとの約束を告げられず、いたずらに時が過ぎてゆく・・・

 

そんな時だった、1周目で祐介が勝手に飲もうとしたジュース。

その時は、腐ってると言うのが少し遅れ、飲んだ後噴出したのだが、2周目・・・飲む前に注意できた。

 

この辺りから典道は時間を繰り返している事を自覚し始める。

そして17時を目前にして、なずなが典道の家にやってきてしまう。

 

f:id:sarapan2014:20170818165404p:plain

典道はジュースを買ってくるといい、家を飛び出し、なずながインターホンを押すのをギリギリで阻止する。

 

そして、今家に祐介が来ている事を告げる。

なずなは「どうするの?」と投げかける・・・

 

タイミング悪く、祐介は買出しについていくと言い出し、外に出てきてしまう。

このままでは鉢合わせ・・・

 

典道が出した答えは、なずなとの逃亡だった。

自転車に二人乗りで、とりあえず逃げる二人・・・

 

逃げる二人を見て嫉妬に狂う祐介・・・。

 

逃亡の果てに・・・

f:id:sarapan2014:20170818165758p:plain

「かけおちする?」

なずなは東京でも出て、年齢を偽って働くと言い出す。

まだ中1だというのに、キャバクラだかガールズバーだかで働くとな(((( ;゚д゚)))

 

トイレでドレスに着替え、ちょっとヒールの高いクツに履き替え、口紅を塗った彼女は確かに少し大人びて見えた・・・

 

遠くにいく電車を待つ二人だったが・・・

またしても、なずなの母親がなずなを連れにやってきてしまう!

今度は再婚相手も一緒・・・

 

助けを叫ぶなずな。

このままじゃ、あの時と同じじゃないか!

 

典道は勇気を振り絞り、なずなの腕を引く手を振りほどく!!

 

「なんだこいつ!!」

 

( ‘д‘〇彡☆))Д´) ドゴーーーン!!

 

マジかよ・・・いくらなんでもクズすぎるww

なんと再婚相手、子供相手にいきなりグーパンチであるwww

そこまでするかね(((( ;゚д゚)))

 

結局またしても、なずなを助ける事はかなわなかった・・・

 

・・・・

・・

 

典道は仲間達と合流し、灯台に花火を見にいく流れに・・・

しかし、なずなとの逃避行を祐介に見られてしまったので、祐介とは険悪ムードが漂う。

前の世界の優しい祐介は何処に行ってしまったのか。

嫉妬心むき出しである。

 

・・・・

・・・

 

灯台について、鍵が開いていたことをいい事に、上まで登るクソガキ共。

その途中で祐介は典道に宣言する。

新学期がはじまったら、なずなに告白する・・・と。

その新学期にはなずなはいないんだよなぁ・・・。

 

そして始まった花火大会。

するとどうだ、平べったい花火が上がっている。

落胆する和弘、喜ぶ純一と稔。

 

こんなのおかしいと嘆く和弘の言葉を聞いて、再び典道は不思議な玉を放り投げる!

もう一度やり直すために!

 

3度目の正直なるか?

f:id:sarapan2014:20170818172744p:plain

戻ったのは駅のシーン。

母親に連れ去られそうになるなずな!

再び立ち向かう典道!

 

今度は再婚相手のパンチをかわし、なずなを連れて電車に乗り込むことに成功する。

2人きりの車内・・・これからの事や、なずなの家庭環境についても聞かされた。

 

どうやらなずなは、母親と不倫相手が駆け落ちの末に生まれた子らしいw

で、父親が消えて一か月っていってたか?もうすぐ新しい男を見つけてきて再婚を考えてるとか。

 

ようするに3度目の結婚になるらしい。

なずないわく、すげぇビッチらしい・・・そして自分にもビッチの血が流れているとw

なんかもう、感動とは程遠い感じになってきたw

 

ここで披露される、なずなの瑠璃色の地球。

広瀬すずの歌、結構いいんだって思うはず。

聖子ちゃんの歌が元らしいけどねぇん。

 

アイドルになるのもいいかも・・・

なんて厨二の妄想シーンをはさみつつ・・・

 

ここで、踏み切りを待つ祐介たちに車内にいる典道となずなが目撃されるw

ブチぎれる祐介は線路を走って追いかけてくるww

どんな執念よw

 

一方で、車では再婚相手と母親が追いかけてきてる。

このままでは次の駅で捕まってしまう・・・!

 

f:id:sarapan2014:20170818172436p:plain

案の定ホームで挟み撃ちにあう2人。

だが、二人はホームから飛び出し逃走!

 

しかし、何処までも追いかけてくる母親たちと祐介たちw

結局灯台まで追い詰められ、最後には祐介に灯台から突き落とされてしまう・・・

 

だが、ここで再び典道は玉の力を使う・・・

もしも・・・あの時見つからなければ・・・!

 

再び車内へ

f:id:sarapan2014:20170818173109p:plain

祐介たちに見つかる少し前の時間に戻った典道は、すかさずなずなに飛びつき、見つからないよう押し倒した。

この運命の分岐点に。

 

結局祐介にも見つからず、母親たちの車も、電車が途中でルートを分岐し、追ってこれなくなった。

 

やはり、繰り返す”もしも”な世界は、典道の筋書き通りになっているようだな・・・

誰も邪魔しない、なずなと典道2人きりの世界軸に辿り着いた・・・

 

2人が向かった先は海辺だった。

突然泳ぎたくなったと、海に向かうなずな。

 

服を一枚脱ぎ去ると、そのまま海にドボン。

 

f:id:sarapan2014:20170818173846p:plain

典道も服を脱いで海に飛び込み、なずなと熱いキスと抱擁をかわす。

ちょっと終盤ごたごたしててよくわからなかったんだけど、3回目のループで祐介に海に突き落とされた時、4回目にループはしたけど、玉は喪失してたんだよね。

 

で、その玉は4回目の世界軸で、花火師のおっちゃんが打ち上げるんだけど、

砕け散る、玉・・・その破片が空にきらめき、祐介たちもそれを目撃。

 

それぞれが望む『もしも』な世界が破片には写っていた。

もちろん典道が見た破片には、これから先も、なずなと一緒の世界が写っていた。

 

ちなみに、このタイトル『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

の、下から見るか?というのは、ラスト・・・なずなと典道が海の中から花火を見上げている部分の事を言っているんだと思います。

 

横から見るか・・・は、灯台ルート・・・つまり友人達、

下から見るか・・・は、なずなルート・・・つまり好きな人。

 

どっちを選ぶか的な?

これはあくまでも個人的な解釈なんで違うかもですが。

 

で、オチは?

f:id:sarapan2014:20170818175300p:plain

新学期が始まった世界で、島田典道は行方不明?

ラストシーンは新学期がはじまり、担任の三浦先生が出席をとっているのだが、典道はいくら呼んでもいないって終わり方だった(((( ;゚д゚)))

 

これってようするにパラレルワールドのもう一つの結末なんじゃないだろうか?

つまり、なずなと幸せになるAルートに典道が飛んだため、Bルートには島田典道が神隠しにあった世界軸が残ってしまった・・・と(((( ;゚д゚)))

 

これもあくまで個人の解釈なんでわからないですが。

ただの寝坊かもしれないしね。

でもボクが初見でみた印象は、とても怖かったですがww

 

典道は幸せを追求して消えてしまった・・・と(((( ;゚д゚)))

 

んー、先にも書きましたけど、どうも泣けないし感情移入も出来なくて、

なんかポカーンとしてしまう感じは否めませんね。

スポンサーリンク