しろログ~ネタバレ感想ブログ~

アニメや漫画のネタバレ感想、話題のニュースやゲームプレイなど記事にしていくブログです

MENU

【ネタバレ】僕たちがやりました第6話 パイセンマジヤベェ【ドラマ感想】

f:id:sarapan2014:20170718224845p:plain

パイセンが見事無罪を勝ち取り釈放された。

それによって取り戻した、ほどほどの幸せ。

冤罪だったと知ったトビオたちは心から喜ぶのだが・・・

 

■前回はこちら 

バラバラになった4人が、また一同に会した。

トビオはマルに金を奪われた恨みを抱きつつ、それ以上に伊佐美の彼女・・・

今宵ちゃんとヤリまくった罪悪感を感じているようだ。

 

だが会ってみればいつもの感じに。

まぁカラオケでマルの金遣いについては言い争いになってたけどなw

キャバクラで600万溶かすとか、ありえねぇよなww

 

しかも、それだけに飽き足らず、伊佐美の金まで奪おうとしてたな。

ホントマルは真正のクズだと思うわw

 

で、三人はパイセンに金を返せと言われないかヒヤヒヤ。

だがパイセンは3人に、さらに100万円を手渡した((((;゜Д゜)))

 

パイセン・・・どんだけ金持ちやねん・・・

めっちゃ友達になりたいw

どうやら、三人が警察に喋らなかったお礼だそうだ。

 

その後、それぞれ逃亡生活を終え、自宅へと帰宅する面々。

トビオは母に温かく迎えられ、好物を食べて幸せを噛み締める。

 

マルはまた100万円でキャバクラの事を考える始末。

こいつこりないな・・・

 

伊佐美は今宵ちゃんとイチャイチャ。

 

そしてパイセンはまさかの立花先生が家の前で待ってた!?

 

・・・・・

・・・

 

翌朝、トビオ宅に蓮子が訪ねてきた。

一緒に食事をし、その流れで以前カラオケで襲い掛かったことを謝罪・・・

蓮子は許してくれた。

 

トビオは蓮子が市橋と付き合っていると誤解していたが、その誤解も解けた。

蓮子は一度、入院してる市橋の所に話に行こうといったが・・・うーんこじれるだろw

 

それは置いといて、今度またカラオケに行く約束をするトビオ。

幸せが戻ってきたな( `д`⊂彡☆))Д´) パーン 

しっかし、散々今宵ちゃんを抱いてきた身で蓮子と付き合えるのか?

 

・・・・・

・・・

 

パイセンはパイセンで、立花先生と食事にいくらしい。

そこで取り出したのが最新型の盗聴器やカメラセット。

トビオ達にデートのなんたるかを見せつけるというのだが・・・

 

・・・

・・・・・

 

いつもの高級料亭で食事をするパイセンと先生。

別室で食事をしながら盗聴&盗撮を楽しむトビオ達。

しっかし、先生にあっさり見破られ、通信は終わった。

スポンサーリンク

 

 

先生との食事会を終え、結局何を話し合ったのか解らないまま、再び遊びに出かける4人。

 

一方の立花先生は、金を受け取っていた弁護士と会っていた。

どうやら輪島と会うためだったようだが・・・結局輪島は来ず・・・

 

立花先生は、パイセンを脅したようだ。

真犯人を見たという証言を撤回し、本当の事をいう・・・と。

警察に話されたくなければ、父親である輪島に会わせろ・・・・と。

 

で、パイセンは弁護士に泣きつき・・・その弁護士が立花先生を呼び出したようだが、

逆にヤバい男に脅される始末。

先生がどんな証言をしたところで無駄という弁護士。

 

立花先生は輪島に恨みがあるのか、会ったらナイフで刺すつもりだったようだ。

しかし計画はとん挫。

裏世界は恐いね・・・

 

・・・・・

・・・

 

一方、バカ騒ぎの4人は、暴露大会を始めていた。

トビオはヤングさんにヤられそうになった事を告白w大爆笑をさらう。

 

しかし、次に話し出したパイセンによって、楽しい空気は一気に消し飛ぶことになる。

パイセンは、あの爆破事件の真相を語りだした。

やっぱり犯人は俺たちだと・・・出頭してきた男は輪島の力で替え玉になったホームレス。

 

御大層に整形手術までして犯人に仕立て上げたのだ。

家族のために・・・自分は処刑台にのぼるつもりで・・・

 

パイセンの父親は裏世界のドン・・・輪島。

警察官僚ともズブズブの関係だそうだ・・・。

もみ消すことは容易いか。

 

一瞬にして罪の意識に囚われるトビオたちだが、パイセンは開き直る。

俺たちさえ黙っておけば、世間にバレることはない・・・と。

 

マルも伊佐美もパイセンに乗せられ、無理やりうやむやにしようとするが、

トビオは罪悪感に押しつぶされそうになる。

 

そんなバカ騒ぎをしている中・・・

警察官の飯室が現れる。

 

この男は全てを知っていた。

4人が真犯人であることも、パイセンの親が輪島であることも。

どうやら輪島と愛人の子供がパイセンだ。

 

今回助けたのはパイセンへの愛ではなく、殺人犯の親という事実を作りたくなかった・・・ただそれだけのこと。

 

飯室は4人を逮捕しにきたのではなかった。

どうせ1人で何を叫ぼうともみ消される・・・下手をすれば自分も消されかねない。

だから、何もしない。

 

ただ・・・4人に現実を思い知らせにきたのだ。

真実を知る者は他にもいることと、10人の犠牲者の顏写真を心に刻ませるために!

 

幸せな瞬間を味わう度に、この事を思い出せ・・・一生地獄を見ろ・・・

それが飯沼に出来る、ささやかな抵抗だった。

 

しかし、これが思いのほか、4人の心を抉った。

特にトビオは精神的なダメージはハンパなかったようだな。

 

他の3人は表面上はとりつくろっていたが・・・

トビオは耐えきれなかったようで・・・

 

ラストシーン自殺を計ってた・・・

学校の屋上から飛び降りてなかったか!?

一体どうなるのか・・・

 

次回に続く!!

スポンサーリンク

 

■前回 

 

■次回